1日1分 かんたんTOEIC リスニング対策部

Youtube「広告は5秒後にスキップできます」が禁止に?

この記事は約3分で読めます。

Youtube「広告は5秒後にスキップできます」が禁止に?

Google Chromeブラウザーに新機能、「広告は5秒後にスキップできます」のような広告がブロックされます。
2020年8月5日から実装予定。

Coalition for Better Ads(優良広告連合)というインターネット広告の業界団体が、Better Ads Standards(優良広告標準)というのを作っています。

2020年2月5日にBetter Ads Standardsが改定され、新たに3種類の広告が「8分未満の映像コンテンツに表示される問題のある広告」として規制の対象となりました。

https://www.betterads.org/press-releases/cba-announces-better-ads-standard-short-form-video

規制対象1:ミッドロール広告

mid-roll ads

ミッドロール広告は全面的に禁止に。

ミッドロール広告とは、動画の途中で出てくる広告です。

Youtubeを見ていると、動画の途中でいきなり広告に切り替わったりするときがありますね。
あれがなくなります。

これに関しては「30秒以上のCM」ような細かい縛りではなく、どういう形態であろうとミッドロール広告はダメになりました。

規制対象2:「広告は5秒後にスキップできます」

pre-roll ads or pods longer than 31 seconds that cannot be skipped in the first 5 seconds

「5秒以内にスキップできない31秒を越えるプレロール広告」が規制の対象に。
広告を強制的に見せつけるのは禁止ということですね。
(longer than 31 secondsなので31秒はセーフ、31.1秒はアウト)

「プレロール広告」というのはYoutubeなどで動画本編の前に強制的に見せられる動画広告のことです。

基準にある通り、「4秒後にスキップできます」にすれば規制はクリアできます。

また、規制対象は「31秒を越えるCM」に対してなので、「30秒CM」ならば「5秒後にスキップできます」というのは出してもOK。

う~ん、今までとあんまり変わらない気も。

Googleは「ユーザーフレンドリー」、「ユーザーの満足度」について言及することが多いです。
だから、業界基準よりもさらに厳しくして、「4秒後にスキップできます」ならOKみたいな微妙な対応はしてこないんじゃないかと思いますが。

規制対象3:大型ディスプレイ広告

non-linear display ads that are in the middle 1/3 of a playing video or are larger than 20% of the video content

画面に覆いかぶさるような広告は禁止に。

  • 画面の中央3分の1エリアにオーバーレイ広告を出すは禁止
  • オーバーレイ広告が画面の20%超の面積を占めるのは禁止

オーバーレイ広告とは、コンテンツと重なるようにして表示する広告のことです。

広告が動画にかぶさって視聴の妨げになる場合、
「画面の真ん中に広告を表示するのは禁止だけど、端っこの方なら許すよ」
「サイズも画面全体の20%までならOK」
という感じ。

まとめ

Youtubeの運営元であるGoogleも「Coalition for Better Ads」に参加していて、Youtubeの広告も「Better Ads Standards」の業界標準に準拠すると公表しています。

新ルールは2020年2月5日に採択され、準備猶予期間が6カ月間あります。
つまり、2020年8月5日から新ルールが適用されます。

動画前広告に関しては、「30秒CM」は規制の対象外なので、たぶんこれまで通り「広告は5秒後にスキップできます」が出てくるのかな。

動画途中に突然広告が流れる件に関しては、全面禁止に。

今年の夏からは、Youtubeが少しだけ見やすくなりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました