1日1分 かんたんTOEIC リスニング対策部

フリー素材画像

この記事は約2分で読めます。

新サービス「フリー素材画像」

新しいWebサービス「フリー素材画像」を作りました。

フリー素材画像 | Webツール・オンラインアプリ倉庫
画像のフリー素材を取得できます。サイズを指定して検索可能。

「フリー素材画像」の用途

ブログの記事がツイッターなどでシェアされたとき、ブログ側にアイキャッチ画像が設定されていれば、ツイッター側のリンクに画像が表示されます。

画像がないとリンクの見栄えが悪いので、何かしらの画像は用意しておいた方がいいでしょう。

しかし、毎回毎回ブログ用の画像を用意するのは大変です。

そんなときに便利なのが「フリー素材画像」。

「フリー素材画像」の使い方

フリー素材画像」のサイトを開いた時点で、ランダムに10枚の画像が表示されます。

画像を 右クリック>「名前を付けて画像を保存」 で表示中の画像を保存できます。

フリー素材画像のスクリーンショット その1

フリー素材画像のスクリーンショット その1

デフォルトでは横506x縦265のサイズの画像が表示されます。
これはツイッターでシェアされた時にちょうどいいサイズです。

 

サイズを変更する

「ヨコ」と「タテ」の欄に数値を入力して「決定」ボタンを押すと、指定したサイズの画像が10枚表示されます。

気に入ったものがなければ、もう1度「決定」を押せば画像が切り替わります。

「縦長の画像が欲しいんだけど……」みたいなときにも便利。

フリー素材画像、サイズ変更

フリー素材画像、サイズ変更

こんな時に使える

「犬の画像が欲しい」みたいな具体的なイメージがあるときは、「Unsplash」などにアクセスして「dog」などで検索するといいでしょう。

しかし、「特に具体的なイメージはないけど、何か画像が欲しい」というときは、「フリー素材画像」が便利です。

たとえば、ツイッターのプロフィールページ。
プロフィール画像とは別に背景画像が必要。
サイズは600×200。
600×200の画像なんて滅多にないので、適当な画像をアップロードして自動的に一部が切り抜かれる、いざ表示してみると思っていたのと違うとなりがちです。

フリー素材画像」なら初めから600×200のサイズを指定して画像を選べるので使い勝手がいいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました