noteもやってます。

どぶろっくはどうなる?キングオブコント歴代王者は今

どぶろっく時事
どぶろっく
この記事は約4分で読めます。

キングオブコント2019は「どぶろっく」が優勝しましたね。

ド下ネタなので、「キングオブコント王者」としてテレビ番組とかに呼んでも、「あのネタやってくださいよー」とはなかなか言えない。

すでに知名度のあるコンビなので頑張ってテレビ仕事をこなさなくても、営業で十分稼いでいそうではありますが。

さて、2008年に始まり、今年で12回目となるキングオブコント。
その歴代王者たちはその後どうなったのか気になったので調べてみました。

キングオブコント2008 バッファロー吾郎

2008年のキングオブコント、つまり初代チャンピオンはバッファロー吾郎。

最近、テレビではあまり見ないですね。

「ダイナマイト関西」などお笑いイベントのプロデューサーとして活躍しています。
NSCで講師をしたり、ライブを開催して面白いのにテレビ向きではない若手芸人を出演させたりもしています。

テレビ出演はあまりしていませんが、売れなくなったというよりは、次のステージへ進んだといった感じです。

キングオブコント2009 東京03

2009年のキングオブコント王者は東京03。

冠番組を持つようなタイプではありませんが、ネタ番組では定番。
ちょこちょこテレビでも見かけますね。

単独ライブも精力的に行っています。

現役で活躍中です。

キングオブコント2010 キングオブコメディ

2010年のキングオブコント王者はキングオブコメディ。

キングオブコントとキングオブコメディ、字面がほぼいっしょなのでややこしい。

見た目が「やばそうな奴(今野)」と「普通の奴(高橋)」という組み合わせでした。
しかし、「普通の奴」と思われていた高橋が女子高生の制服を盗んで逮捕、所属事務所を解雇されました。
それに伴い、コンビとしては解散しました。

ヤバそうな奴と思われていた今野は、「そこに愛はあるんか」のテレビCMでおなじみ。
芸人というよりは名脇役の三枚目俳優として現在も活躍中です。

キングオブコント2011 ロバート

2011年のキングオブコント王者はロバート。

コント師としても、バラエティタレントとしても現役で活躍中。

キングオブコント2012 バイきんぐ

2012年のキングオブコント王者はバイきんぐ。

テレビへの出演多数、現役で活躍中です。

有能な小峠と役立たず西村という組み合わせ。
最近は西村がキャンプ芸人として定着してきました。

キングオブコント2013 かもめんたる

2013年のキングオブコント王者はかもめんたる。

誰だっけ?

消えたというより、優勝したのに売れなかったといった感じでしょうか。

Youtubeの公式ちゃんねるでは継続的にネタ動画をアップロードしています。
一番人気の動画は再生回数21万回。

知名度はありませんが現在も活動中です。

キングオブコント2014 シソンヌ

2014年のキングオブコント王者はシソンヌ。

爆発的に売れているという印象はないですが、ネタ番組では常連です。

テレビの深夜枠に「ぶちぶちシソンヌ」という冠番組を持っています。
優勝の翌年2015年4月から始まり、5年目の現在も現役、放送は200回を突破しました。

現役で活躍中と言っていいでしょうね。

キングオブコント2015 コロコロチキチキペッパーズ

2015年のキングオブコント王者はコロコロチキチキペッパーズ。

コロチキの愛称でおなじみ。
最近はナダルのサイコパス、言い訳キャラが定着してきました。

ひな段芸人、どっきり仕掛けられ芸人として現役で活躍中。

キングオブコント2016 ライス

2016年のキングオブコント王者はライス。

顔は知ってる。

優勝した翌年から既に売れてませんね。

でもテレビではちょいちょい見かけます。
いまいち売れない芸人・しくじり芸人的なポジションでの起用が多い気がします。

キングオブコント2017 かまいたち

2017年のキングオブコント王者はかまいたち。

レギュラー番組も多数持ち、ここ数年のチャンピオンの中では一番売れているのではないでしょうか。

キングオブコント2018 ハナコ

2018年のキングオブコント王者はハナコ。

去年の王者、テレビへの露出が増えだしてまだ1年ということもあり現役で活躍中です。

岡部(坊主の人)+その他2人という扱いが多い気がします。

その岡部さんが大食い番組でギャル曽根と張り合っていたり、愚直に頑張る好青年的なポジションを確立しています。

大食いの影響で子供人気や好感度が高いのでライバルが出てこない限りしばらくは安泰と言えるでしょう。

キングオブコント2019 どぶろっく

2019年のキングオブコント王者はどぶろっく。

優勝した時のネタはストレートな下ネタ。
普段のネタも下ネタ。

しかも、ギターに合わせた歌ネタがメインなので、テレビのバラエティで汎用的に活躍できるキャラとは言い難いです。

ゴールデンタイムの賞レースに下ネタをぶっこむような人たちなので、自分たちのスタイルを捨ててまでテレビに合わせてこないでしょう。

既にそこそこの知名度はあります。
今後のテレビへの露出が増えるかどうかは、どぶろっくの腕次第というよりは、テレビ局側がどこまで勇気を出せるかの方にかかっているでしょう。

コンプライアンスに厳しい昨今、どぶろっくがどうなるかに注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました