noteもやってます。

N国立花、脅迫容疑で書類送検、区議に対して「徹底的にこいつの人生潰しにいく」

N国立花、脅迫容疑で警察から聴取、議員辞職はしない構え時事
N国立花、脅迫容疑で警察から聴取、議員辞職はしない構え
この記事は約2分で読めます。

N国立花、脅迫容疑で警察から事情聴取(2019年9月9日)

9月9日、「NHKから国民を守る党(N国)」の党首で参議院議員の立花孝志氏(52歳)は警察から事情聴取を受けた。
これは月島署からの要請によるもので、東京都中央区議員の二瓶文徳氏に対する脅迫容疑に関するもの。
立花氏は二瓶氏への脅迫容疑の「被疑者として」1時間にわたって事情聴取を受けた。

二瓶氏は4月の東京都中央区議選でN国から立候補し当選した。
しかし、6月末に同党を離党したことからN国立花氏から攻撃の標的になっていた。

立花氏は動画投稿サイトYoutube(ユーチューブ)の中で「徹底的にこいつの人生潰しにいく」などと述べ、二瓶文徳氏を批判する動画をアップしていた。

それに対して、二瓶氏は警視庁へ相談していた。

同日、立花氏は参議院議員会館で会見を行い「議員は辞めない」と発言。
辞職はしないとの意思を示した。
一方で、「有罪になったら辞めなきゃいけないだろうなと」とも発言。

また、それ以外にも

  • 「言いたいことがあるなら、まず私の方に言ってくるべきだ。」
  • 「ユーチューブで脅迫と取られても仕方がない動画をアップしたのは事実だが、全く問題ない案件だ」
  • 「人を殴っても正当防衛」

などと発言している。

民衆を扇動し自らを批判したマツコ・デラックスを訴えると息まいていた立花氏。
まさか、自分が訴えられる側になるとは考えていなかったのだろうか。

N国立花、脅迫容疑で書類送検(2019年10月2日)

警視庁はN国党首の立花孝志参院議員を脅迫の容疑で書類送検した。
二瓶氏からの被害届を受け、9月9日以降、3回にわたって事情聴取を行っていた。

立花氏は動画を投稿した事実は認めているものの、「脅迫には当たらない」と主張している。

立花氏は有罪となった場合は議員を辞職すると公表している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました