1日1分 かんたんTOEIC リスニング対策部

ラップバトルで負けた高校生が罰ゲームで多摩川に飛び込み死亡【川崎】

この記事は約3分で読めます。

ラップバトルで負けた高校生が罰ゲームで多摩川に飛び込み死亡【川崎】

2019年12月19日の夜、神奈川県川崎市幸区(さいわいく)で、同市在住の高校1年・太田羅月(おおたらつき)さん(16)が多摩川に飛び込み死亡しました。

太田羅月さんは多摩川の河川敷で元同級生ら5人とラップバトルを行っていました。
勝負に負けた太田さんが罰ゲームと称して多摩川大橋から飛び込みます。

しかし、飛び込んだまま上がってきません。
そのため、その場にいた友人が「友達が川に飛び込んで行方不明になった。沈んでしまった」と119番通報をします。

消防などが駆け付けると、橋から5メートル下流で太田羅月さんが沈んでいるのを発見します。
しかし、太田さんは救急搬送されましたが病院で死亡が確認されました。

ラップバトルとは?

ラップバトルとは、ラップを使った口げんかです。
ラップなので、リズムに乗せて、韻を踏むと得点が高くなります。

そして、基本的には相手の悪口を言います。
相手の悪口を言うことをラップでは「ディスる」といいます。
「ディス」は「ディスリスペクト」の略です。

本気で喧嘩をしている人たちがいきなりラップを口ずさむわけではなく、スポーツのような感覚で対戦するエンターテイメントの一種です。

川崎市のイメージ

川崎市はヤンキーの街として有名です。

太田羅月……
ちょっとキラキラネームっぽいですね。
親もヤンキーなのかな……

夜10時、河川敷、ラップバトル、罰ゲームで川に飛び込み‥‥
ヤンキーでしょうね……

今回のラップバトル多摩川飛び込み死亡事件とは別件ですが、川崎のヤンキーといえば「川崎市中1男子生徒殺害事件」を思い出します。

川崎市中1男子生徒殺害事件

川崎市中1男子生徒殺害事件とは、2015年、神奈川県川崎市川の多摩川河川敷で13歳の中学1年生の少年が殺害された事件。
犯人は17~18歳の少年3名。

被害者および加害者の3名はいわゆる不良グループというやつで、普段から行動を共にしていました。

主犯格の少年は酒を飲んだ勢いで被害者の少年にからみ、顔を殴るなどしてケガを負わせます。
これに対して、被害者の少年の友人ら(加害者3名とはさらに別の人)が怒ります。

主犯格の少年は賽銭泥棒などをしてお金を持っていたようです。
それを聞きつけた被害者の友人らは主犯格の少年の家に押しかけて慰謝料のようなものを求めたらしく警察沙汰になります。

この出来事をきっかけに、主犯格の少年は被害者の少年を逆恨みするようになります。

犯人グループの少年ら3人は、被害者の少年を多摩川河川敷に呼び出し、暴行を加え、43回も刃物で切り付け、最終的に首に刃物を突き刺して殺害します。

また、殺害後は死体から衣服を脱がし、燃やして証拠隠滅を図るなどの行為も行っていました。

事件当時、加害者の実名や顔写真も報道され話題になりました。

まとめ

不良グループの中でも上下関係、「いじめる側」と「イジメられる側」があったりします。

今回のラップバトル多摩川飛び込み死亡事件では、本人の意思で飛び込んだのか、強制的に突き落とされたのか。

「罰ゲーム」や「遊び」と称して行為を正当化するのは「いじめる側」の常套手段ですからね。
東須磨小の教員が教員を羽交い絞めにして激辛カレーを目に塗り付けるやつとかね……

その場にいた友人らが119番に通報しているあたりから考えると、いじめの線ではなく、本当にただふざけてただけの可能性の方が高いのかなぁ……

コメント

タイトルとURLをコピーしました