noteもやってます。

台風に備える(食べ物編)、超大型台風19号が日本に接近中

台風に備える、超大型台風19号が日本に接近中雑学・トリビア
台風に備える、超大型台風19号が日本に接近中
この記事は約6分で読めます。

史上最強クラス、超大型台風19号が日本に接近中。

今週末に関東直撃の可能性もあるのでご注意ください。

台風対策、買い物リスト

災害キットとして以下のものは手元に準備しておきましょう。

  • 食料
  • 懐中電灯・ヘッドライト
  • 乾電池
  • ライター・マッチ・カセットコンロ
  • 携帯ラジオ
  • 救急セット
  • 着替え・タオル
  • モバイルバッテリー

災害対策、非常食

日本列島が丸ごと沈没するような大災害でなければ、3日程度で自衛隊の救助がくるはずです。
3日は自力で生き残るつもりで食料を備蓄しておきましょう。

乾パン・缶詰・コーンフレークなど火を使わずに食べられるものがベストです。
カップ麺などはお湯が無いと食べられないので、手元に食料はあるのに食べられないという状況に陥りがちです。
注意しましょう。

主食

レトルトのおかゆ

調理に水を使いません。
開封すればそのまま食べられます。
温めた方がおいしいですが、冷たいままでも問題ありません。

ほぼ水分なので、これだけで1食を済ませると後でおなかがすきます。

人間は食事はしなくても水分さえあれば1か月程度生きられるといわれています。
水分が多めの食品はある意味では正解です。

乾パン・パンの缶詰

缶詰入りのパンがあります。
様々なメーカーから出ていますが、だいたい1~3年程度の賞味期限になっているものが多いです。

コーンフレーク・シリアル

賞味期限はだいたい6か月程度。
期限が半年ということで非常食としては心もとないですが、お子様でも食べやすいので選択肢の1つに。

普段から食べる人はいくつかストックしておいて古いものから消費していくといいでしょう。

アルファ米(水が必要)

炊飯済みのお米を乾燥させてパック詰めしたものです。
水を入れると米飯に戻ります。

普通のお米は水+加熱が必要なのですが、アルファ米は水だけで食べられるのがポイントです。

キャンプ用・災害用のレトルトパスタ(水が必要)

調理済みの麺とソースがレトルトパウチされ、水を入れるだけで食べられるようになっているものがあります。

だいたいはペンネやマカロニなどの短いタイプです。
パウチの中にそのまま箸やフォークを突っ込んで食べます。
お皿を使わないので断水時でも大丈夫。

おかず

缶詰

肉系・魚系なんでもあります。
各メーカーから様々な種類が出ているので好きなものを選びましょう。

中が無菌状態になっているので日持ちします。
肉系でも魚系でも賞味期限はだいたい3年程度です。

いざ開けてみると苦手な味で、一口食べただけでギブアップなんてこともありえます。
有事に備えて1度は味見しておくことをおすすめします。

インスタント味噌汁

お湯で戻すタイプのものは、水で溶かしても飲めます。

副菜

梅干

日持ちします。
市販のものは3ケ月~6カ月程度のものが多いです。

しかし、水分が少ないタイプのものは保存状態が良ければ100年以上経っても食べられます。

そして、梅干しの利点は塩分の補給ができるところ。

水と塩は生命維持に必須です。
塩分が不足すると、貧血・頭痛・吐き気・倦怠感など様々な症状が現れます。

海苔・乾物

そのまま食べられます。
ミネラルや食物繊維も摂取できるのでおやつ代わりに。

切り干し大根・乾燥ワカメなどの乾物類は、普通は水で戻してから使いますが乾燥状態でもスナック感覚で食べられます。

大量に食べると胃の中の水分を吸収して膨れ上がり腹痛の原因になりますが、副菜として少量食べる程度であれば大丈夫。

フルーツの缶詰

賞味期限はだいたい3年のものが多いです。

身体が弱っていても食べやすいので非常食にはおすすめです。

ドライフルーツ

レーズンやドライマンゴーなどドライフルーツ系の賞味期限はだいたい3ケ月。

普段から良く食べるという人は嗜好品としてストックしながらローテーションで古いものから食べると良いでしょう。
普段は食べないという人は、非常食としては賞味期限が短いのでおすすめしません。

お湯が必要なものを水で食べる

生米・乾麺を水で戻す

生米やパスタの乾麺などは3時間くらい水につけておけば柔らかくなります。
食べられますが消化に悪いです。

生米やパスタの主成分はデンプンです。
加熱前はβデンプン(ベータデンプン)といって消化吸収に悪いのですが、加熱するとαデンプン(アルファデンプン)に変わり消化吸収できるようになります。

加熱前の生米やパスタを食べるとおなかを壊すのでやめた方がいいでしょう。

カップ麺を水で戻す

一般的なカップ麺は加熱調理済みの麺から水分を抜いたものです。
(油で揚げることで水分を蒸発させるのが一般的。揚げる=加熱)

加熱済みなのでデンプンがアルファ化しています。
つまり、そのままでも食べられます。

お湯を注いで3分タイプのカップ麺は、水を注いで15~20分ほど待てば普通に食べられます。
粉末スープは水に溶けますし、麺も普通に食べごろの固さに。
冷やしラーメンだと思って食べれば普通においしく食べられます。

水、お茶

空腹はある程度は我慢できますが、水分が無いと直ちに生命の危機に瀕します。
十分な飲料水を確保しておきましょう。

1人あたり1日3L(リットル)×3日分が目安です。

1日に必要な水の量は?

人間が1日に必要な水分量は体重1kgあたり50mlといわれています。

  • 体重50kgの人: 2.5L/日
  • 体重60kgの人: 3.0L/日
  • 体重70kgの人: 3.5L/日

「1日に2.5リットルも水なんて飲まないんだけど?」とお思いの人もいるでしょう。
実は、日常生活ではお茶やコーヒーを飲む以外にも、食事を通してたくさんの水分を摂取しています。

白米は炊飯の過程でたっぷり水分を吸収しています。
お米を1合(180ml、150g)炊くと、2.3倍の340gになります(190mlの水分を吸う)

パスタ100gを茹でると重さは2.5倍の250gになります(150mlの水分を吸う)

野菜や果物は9割が水分です。
(きゅうり95%、トマト94%、キャベツ92%、…)

非常食には乾パンやクッキーなど水分が少ないパサパサした食品も多いです。
(菌の繁殖には水分が必須。そのため保存食には乾物が多い)

食事を通しての水分補給が普段よりも少なくなりがちなので、のどが渇き飲料として水を口にする機会が増えると思います。

嗜好品としての飲み物

もしも避難所で数日暮らすような事態になったら、かなりのストレスを感じると思います。
そんなときにコーヒーやお茶など普段飲んでいるものが手元にあると少し落ち着きます。

水だけではなく、以下のようなものを備蓄しておくといいでしょう。

  • ペットボトルの
    • お茶
    • アイスコーヒー
    • 野菜ジュース
    • フルーツジュース
  • 粉末の
    • コーヒー
    • 紅茶
    • 緑茶
    • ミロ
    • ココア

紅茶のティーバッグなどでもOKですが、ゴミが出ないものの方が望ましいです。

予行演習をしておく

防災グッズの使い方は把握していますか?
買ったはいいけど使い方を知らないというのはありがちです。

缶詰などは日持ちするとはいえ、賞味期限は3年くらいに設定されています。
定期的に確認をし、賞味期限内のものをそろえておきましょう。

また、最近の缶詰はプルトップ型のものも多いですが、開け口がない缶詰もまだまだ存在します。
いざ食べようと思ったら缶切りがないというのも起こりがちなミスの1つです。

毎月1日は家庭内キャンプの日、のように決めておいて、缶詰やレトルト食品を試食してみるといいでしょう。

知り合いに壊滅的に料理ができない人がいて、レトルトカレーをお湯で溶いて食べていました。
使い方を知らないと、いざというときに貴重な食料や水を無駄にする可能性があります。

台風対策、備品準備編はこちら

台風に備える(備品編)、超大型台風19号が日本に接近中
史上最強クラス、超大型台風19号が日本に接近中。 今週末に関東直撃の可能性もあるのでご注意ください。 台風対策、買い物リスト 災害キットとして以下のものは手元に準備しておきましょう。 食料 水(飲料用) 水(...

台風に関する豆知識、以下の情報もご覧ください。

台風の豆知識・台風関連の炎上ニュース
台風用語の解説から、台風へ備えるときのチェックポイントまで台風情報をまとめたリンク集です。 台風の豆知識 台風の用語集 台風に備える(食料編) 台風に備える(備品編) 過去の大型台風まとめ 災害時の無...

コメント

タイトルとURLをコピーしました