noteもやってます。

「桜を見る会 前夜祭」立憲民主党の見積もりはねつ造だった?

「桜を見る会 前夜祭」立憲民主党の見積もりはねつ造だった?時事
「桜を見る会 前夜祭」立憲民主党の見積もりはねつ造だった?
この記事は約8分で読めます。

「桜を見る会 前夜祭」立憲民主党の見積もりはねつ造だった?

「桜を見る会」の前日に参加者がホテルニューオータニで開かれた会合で、立憲民主党は5000円の会費で13,127円相当の宴会が提供されている可能性があると主張しています。

しかし、立憲民主党・石川大我議員のツイートでは「同様の条件で」とありますが、実際のものよりも高額になるように条件が変更されていました。

立憲民主党の見積もりでは会場がグレードアップされている?

複数の丸いテーブルを十人ほどで囲む立食形式で、卓上に瓶ビールが五本ほど。食事はカツオのカルパッチョや焼き魚、巻きずしなどだった。

「会場はぎゅうぎゅうで五千円は高い。ぼったくりかと思った」

桜を見る会 事務所ツアー 首相、際立つ地元優遇
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019111590135250.html

参加者から「ぼったくりかと思った」とぼやきが出ているらしいですね。
野党が追及する利益供与のイメージとはかけ離れています。

そして、「会場はぎゅうぎゅう」との声が上がっていたようです。

おそらくホテル側への支払いは、1人あたりいくらという方式ではなく、主催者が会場と料理を事前に決めて定額を支払う形式だと思われます。

そのため、狭い会場に参加者を詰め込めば、参加者から徴収する1人あたりの費用は安くなります。

実際の「桜を見る会 前夜祭」はホテルニューオータニの「鶴の間」で行われました。
立憲民主党の見積もりでは「芙蓉の間」が会場になっています。

とりあえず、「同様の条件で」という前提はこの時点で崩れています。

会場の広さは

  • 鶴の間: 1,992㎡
  • 芙蓉の間: 1,124㎡

となっています。

おそらく「鶴の間」のほうが「芙蓉の間」よりもグレードが高いです。

一般的にホテルの宴会場というのは仕切りを使って部屋を何分割かにすることができます。

「鶴の間」は2分割が可能で、

  • 東: 850㎡
  • 西: 965㎡

「芙蓉の間」は3分割が可能で

  • 東: 317㎡
  • 中: 490㎡
  • 西: 317㎡

立憲民主党の見積もりでは「芙蓉東中の間 807㎡ 275万円」とあります。

「桜を見る会 前夜祭」はおそらく「鶴の間 東 850㎡」で行われたのではないかと思われます。

広さについても、立憲民主党の見積もりに出てくる「芙蓉東中の間 807㎡」では微妙にグレードダウンしています。

立憲民主党は意図的に会場を変更して高めの見積もりを作成させたのではなく、単純にリサーチ能力が低いのかもしれません。

そして、立憲民主党は「同様の条件で」と言っていますが、これは
「同一の会場、同一の料理、同一の日程」という意味ではなく、
「何となく800人でパーティーの見積もりを取りました」のような非常にアバウトなもののようです。

ホテルの利用料金がオンシーズンとオフシーズンで変わってくるのはみなさんご承知かと思います。

同じ会場で見積もりを取っていない時点で、料理や日程の件もザルなんだろうなという予想ができます。

立憲民主党の見積もりでは料理がグレードアップされている?

「桜を見る会 前夜祭」立憲民主党の見積もりはねつ造だった?

「桜を見る会 前夜祭」立憲民主党の見積もりはねつ造だった?

「複数の丸いテーブルを十人ほどで囲む立食形式で、卓上に瓶ビールが五本ほど。食事はカツオのカルパッチョや焼き魚、巻きずしなどだった。」

実際には比較的簡素な食事だったようです。
ビールに至っては2人で1本しかありません。

「ぼったくりかと思った」と言われるくらいなので飲み放題ではないのでしょう。

余談ですが、「モーニング娘、飯田圭織バスツアー」事件を思い出します。

  • バーベキュー(肉1枚、ソーセージ1本だけ)
  • 8人テーブルに1.5リットルのウーロン茶1本(キッコーマン製)
  • バナナを1人で2本食べたファンがスタッフに『人間失格』と叱られる

立憲民主党の見積もりでは、コース料理800人分、銀座久兵衛の寿司800人分で計算されています。

着席形式で1人ずつに料理が提供される場合と違い、ビュッフェスタイルでは食べ残しが多く発生します。
そのため、参加者の半分程度の人数で料理を発注するのが普通です。
つまり、800人の立食パーティーなら400人程度の料理を準備します。

立憲民主党はコース料理を800人で計算しています。
しかも、銀座久兵衛の寿司も800人分も追加注文したことになっています。
要するに、1,600人分の料理で見積もりを計算しています。
相場の4倍の分量です。

銀座久兵衛の寿司が振る舞われたという情報はねつ造だった

料理の分量の問題だけでなく、料理の内容についても捏造がありました。

立憲民主党のツイートでは、銀座久兵衛の寿司が振る舞われたとあります。

しかし、東京・銀座の高級寿司店「銀座久兵衛」の今田洋輔氏は「うちの寿司は出していない。過去何年も調べたが、出ていなかった。報道は間違いだ」と述べています。

立憲民主党のツイートの中で「おまかせにぎりは1.5万、予算3万の寿司屋。差額は買収だ。」と息巻いていますが、そもそも銀座久兵衛の寿司は提供されていませんでした。

「うちは出していない」というセリフが

「『銀座久兵衛 銀座本店』としては出していない」

という意味なのか、

「系列店も含めて、銀座久兵衛はまったく関わっていない」

という意味なのか。

「過去何年も調べたが、出ていなかった。報道は間違いだ」という部分も含めて考えると、後者の可能性が高い?

「本店ではなく、ホテルニューオータニ店で出してます」という状況なら、そう回答するかと思います。
「過去何年も調べる」のは、お店の人にとって「どっからそんな話が湧いて来たんだ?」という状況が背景にあるのではないでしょうか。

立憲民主の石川氏は誤りに気付いている?

立憲民主党の石川氏が「おまかせにぎりは1.5万、予算3万の寿司屋。差額は買収だ。」とツイートしたのが11月12日。

見積もりをツイッターで公開したのが11月14日。

見積もりでは「江戸前寿司 2,000円 × 800 = 1,600,000円」となっています。

この江戸前寿司が銀座久兵衛をさすものかは不明ですが、単価は2,000円になっています。

「予算3万の寿司屋」と騒いでいたのに、なぜか見積もりではかなり低く価格が変更されています。

「銀座久兵衛!高級寿司!」と声高に喧伝はしても、誤りに気付いた後に訂正はしない。
フェアではないと思います。

もしくは、初めから分かっていて印象操作を行っていた可能性すらあります。

ホテルのコメントをねつ造した?

立憲民主党の国会情報Twitterアカウントで以下のように記載があります。
「われわれの取材、調査に対してこのホテルは、1万円以下はあり得ませんと。」

これは「桜を見る会 前夜祭」に対するホテル側のコメントではありません。

通常、ホテルが「どの顧客が、いくらでパーティーを開いた」というような情報を外部に語ることはありません。
個人情報保護やプライバシーポリシーの観点から、このような情報を漏らすことはコンプライアンスに反します。

そのため、「桜を見る会 前夜祭」に関する質問としてではなく、
「800人でパーティーをするといくらになりますか?」
のような質問をして
「コース料理は1万円からになります(アラカルトは1000円からあります)」
のような回答を引き出し、
「1万円からになります」
のような部分だけを切り取った可能性が高いです。

まとめ

立憲民主党の見積もりは信ぴょう性が低いです。

「同様の条件」と言ってはいますが、
「会場・料理・日付」などの条件が揃えられていません。

料理に関しては明らかに高額なものを指定していて、現実よりも見積額が高くなるようにしています。

「桜を見る会」では民主党も関係者を招待していたことが判明し、旧民主党の人たちには都合が悪くなってしまったように感じます。
そのため、「桜を見る会 前夜祭」に標的を変更したのでしょう。
しかし、そちらも誤った情報を流して印象操作をしているように感じます。

それはともかく、「ぼったくりかと思った」と参加者が漏らすほど現実のパーティーは貧相だったようで、「もう少しいい料理を出してあげて」と個人的に思います。

それから、どうでもいい話に巻き込まれた「銀座久兵衛」と「ホテルニューオータニ」はかわいそう。

桜を見る会の変遷。参加者が増え続けるのはなぜ?
「桜を見る会」の始まりは「観桜会」 「桜を見る会」の起源は1881年(明治14年)の「観桜会」にあります。 この当時の「観桜会」は皇室主催でした。 江戸から明治に変わり開国されて10数年、諸外国との外交・交流のためのイベントとして...

コメント

タイトルとURLをコピーしました