スキルアップナビ

ドライヤーの時間を短縮する裏ワザ

この記事は約1分で読めます。

ドライヤーの時間を短縮する裏ワザ

普通の人は、タオルで髪を拭いてから、ドライヤーをかけると思います。

しかし、タオルを頭に巻いた状態で、タオルの上からドライヤーをかけた方が速く乾くって知ってました?

タオルの表面ってフワフワしてたりゴワゴワしてますよね。
手触りがあるってことはつまり、表面が平面ではなく立体的になっているということです。
表面がペタンとした髪の毛に比べて、タオルの方が立体的で表面積が多いので乾くのが速いです。

タオルが乾く → タオルが髪から水分を吸う → タオルが乾く → ……

というループにより、がんがん湿気を飛ばせます。

また、温風が髪の毛や頭皮に直接当たらないので、髪へのダメージも軽減できます。

この技は、ワンコやにゃんこのお風呂上りにも使えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました