1日1分 かんたんTOEIC リスニング対策部

ブログの収益化、ヒット記事の基準は100PV/日

この記事は約7分で読めます。

ブログの収益化、目標を設定する

Googleアドセンスを使ってブログを収益化している人向けの情報です。

ブログを始めたばかりの頃は1日のPV(ページビュー)が100もいかないと思います。
しかし、ブログを続けていると、PVや収益はじわじわと増えていきます。

PVは増えているものの、このペースで大丈夫なのかと不安になることもあるでしょう。
そこで、モチベーション維持のためにも、目標設定をするのが大事になってきます。

おすすめの目標が「ヒット記事」を書く事。
たとえば、「毎日100PVずつ読まれる記事」をヒット記事の基準にするといいと思います。

ヒット記事の条件、継続的に読まれる記事

ブログの記事の中には、更新した当日や翌日はPVが増えるけれど時間が経つにつれてほとんど読まれなくなる記事があります。
逆に、何カ月も前に書いた記事だけど、継続的に読まれ続ける記事というのも出てきます。

ブログを収益化するならば、この継続的に読まれるタイプの記事を書くことが重要です。

たとえば、ツイッターなどでバズって一気にPVが増えたとします。
ツイートで共有されたある記事にアクセスが集中し、1日で1万PVがあった場合、Googleアドセンスの金額にすると3,000円くらいになると思います。

1記事で1日に3,000円稼げば結構優秀だと思います。
しかし、1万PVの状態が毎日続けばいいですが、そうはなりません。
瞬間的にバズたところで、翌日、翌々日と時間が経つにつれてPVは減っていきます。

毎日バズらせるのは大変です。
そして、一瞬だけバズってすぐに鎮火するタイプの記事は、毎日記事を書き続けないと、ブログの更新を止めた瞬間に収益が激減します。

それよりは、地味でもいいからコツコツとアクセスを稼いでくれるタイプの記事を書いた方がいいです。
そのタイプの記事は、収益が増えるまでに時間はかかりますが、いったん波に乗ると継続的に収益を稼いでくれます。
極端な話、ブログの更新を止めてもお金だけが入ってくる状態になります。

ブログの収益化、1PVあたりの期待収益を確認する

Googleアドセンスをメインにやっている人だと、100PVに1回くらいは広告がクリックされて、クリック単価は30円くらいが標準ではないかと思います。
つまり、1PVあたり0.3円位の収益が期待できる計算です。

30円(クリック単価) ÷ 100PV = 0.3円/PV

もちろんサイトのジャンルや記事のクオリティによってこの数字は変わってきます。

Googleアドセンス管理画面、レポート>「概要」タブ

Googleアドセンス管理画面、レポート>「概要」タブ

Googleアドセンスの管理画面で、「レポート」を開くと上記のような画面になります。

ページのインプレッション収益」という項目は、1000PVあたりの収益を表しています。
ページのインプレッション収益」のところに250円と表示されていたら、1PV=0.25円のように換算できます。

Googleアドセンス管理画面でのレポートの見方については下記の記事をご参照ください。

Googleアドセンス、収益レポートの見方を解説(ページのインプレッション収益・インプレッション収益・CPC)
Googleアドセンス、「レポート」の見方を解説(ページのインプレッション収益・インプレッション収益・CPC) Googleアドセンスの管理画面では、日々の収益額や月間の累計収益額などが確認できます。 おそらく誰でも「見積もり収益額」の...

ブログの収益化、ヒット記事の基準(100PV/日)

コツコツアクセスを稼いでくれるタイプの記事の中でも、毎日100PV以上のアクセスがある記事はヒット作と呼んでいいと思います。

1PVあたりの期待値が0.3円だとすると、100PVで30円になります。
1日30円の収益なんて雀の涙ですよね。
しかし、これが毎日続くと積もり積もって結構な金額になります。

  • 1日: 100PV = 30円
  • 1ヶ月: 3,000PV = 900円
  • 1年: 36,500PV = 10950円

ざっくりいうと、100PVのアクセスが毎日続くと1年で1万円の収益になります。

サイトのPVではなく、記事のPVの話です。
1つの記事が「100PV/日」を生み出すと、その記事には1万円の価値があるということになります。

1日8時間かけて書いた記事が「100PV/日」になれば、日給1万円相当になります。
日給1万円だとそこまで美味しい仕事ではない気がします。
しかし、同じ記事が2年目、3年目以降も同程度の収益を上げてくれる可能性は十分あります。

時間経過とともにPVがじわじわ下がったり、GoogleのアップデートでPVが下がったりする可能性はあります。
逆に、時間経過とともにドメインパワーや被リンクが強化されてPVが増える可能性もあります。

「100PV/日」の記事を年間に100本書くことができれば、ブログだけで年100万円稼ぐことができます。
この状態でブログを放置しても、年収100万円アップの状態が今後数年間は続きます。
経年劣化しない情報ならば年収100万円アップの状態が半永久的に続く可能性があります。

その後もブログの更新を続けて、「100PV/日」の記事を毎年100本ずつ書ければ、

  • 1年目: 「100PV/日」の記事が100本=年収100万円
  • 2年目: 「100PV/日」の記事が累計200本=年収200万円
  • 3年目: 「100PV/日」の記事が累計300本=年収300万円

のように収益は詰みあがっていきます。

ただし、これは理論上の話です。
実際には「100PV/日」の記事はそう頻繁には生まれないかもしれません。
しかし、「100PV/日」までは行かなくても「50PV/日」の記事なら簡単かもしれません。
その場合は、年200本ずつのペースで「50PV/日」を生み出していけば、年収が100万円ずつアップします。

もしくは、「年収50万円ずつアップして、何年後に◯万円を目指そう」みたいな考え方をすることもできます。

また、「300PV/日」や「1000PV/日」のように自分の予想を上回る大ヒット記事が生まれる可能性もあります。

とにかく、サイト単位での収益やPVだけではなく、記事単位での目標PVを決めておきましょう。
「100PV/日の記事」=「年収1万円の記事」と考えると分かりやすいです。

ブログを成長させる

ブログを始めたばかりの頃は、サイト全体で1日に100PVにも届かないと思います。
その状態で、「100PV/日」の記事を書けと言われても難しく感じるでしょう。
実際、いきなり「100PV/日」の記事が生まれることはほぼないです。

しかし、「100PV/日」の記事の種は既に出来上がっている可能性があります。

サイト全体で「100PV/日」の状態で、その中に「10PV/日」の記事があったとします。
もしかすると、将来的にその記事が単独で「100PV/日」まで伸びる可能性があります。

ブログへの訪問者が増えてくると、新規の読者があなたのブログの過去記事についても読んでくれる可能性があります。
また、そのときに「ツイッター」や「はてなブックマーク」などで記事をシェアしてくれることがあります。
そうなると、記事の評価が上がっていきGoogleでの検索順位が上がります。

すると、いまは「10PV/日」の記事が、将来的に「50PV/日」になり、「100PV/日」になり、だんだん成長していき、コンスタントにPVを叩きだす可能性があります。

ジャンルを絞る

ヒット記事の基準を作ることで、毎日更新しているブログの中でもヒット記事とそうでないものを自己評価できるようになります。

たとえば、旅行記を書いていて、なかなかアクセスが伸びないと悩んでいるとします。
その中で「100PV/日」をクリアしている記事が5本だけあったとします。
次は、その5本の共通点は何かを考えます。
すると、「海外旅行」、特に「海外の珍しい食べ物」について書いた記事がヒットしているなどの傾向が分かるかもしれません。

そこまでくれば、「海外の珍しい食べ物」に絞ってブログの更新を続けていけば、かなりの高確率で狙ってヒット記事が生み出せるようになります。

まとめ

記事単位で目標PVを決めましょう。

たとえば、「100PV/日」を記事の投稿後1ヶ月経過してもキープしていればヒット記事だといえます。
「100PV/日」の状態が1年間続くと約1万円の収益になります。

これを基準に

  • 「100PV/日」の記事を年間100本書いて、年収100万円ずつ毎年アップさせる
  • 「30PV/日」の記事を年間50本(週に1本)書いて、◯年後に年収◯万円

のように各自の長期計画を立てるといいと思います。

記事単位でのPV目標を立てることで、良記事が書けているのかどうか判断できるようになります。
また、基準を作ることで収益化の見通しを立てることができます。

これにより、
「◯年後には専業ブロガーとして食べていけそう」
「専業は厳しいので、副業として続けつつ、ブログ年収◯万円に到達するまで頑張ろう」
のような現実的な目標に落とし込みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました