時事

NSC(国家安全保障会議)とは?

NSC(国家安全保障会議)とは? NSC(国家安全保障会議) は、日本の内閣に設置された危機管理の中枢機関です。外交・安全保障政策の決定において重要な役割を果たし、総理大臣が議長を務めるこの会議は、国の安全を守るための政策を迅速に決定するた...
時事

グローバル・サウスとは?

グローバル・サウスとは? 「グローバル・サウス」という用語は、特定の地域を指す明確な定義はないものの、一般的にアフリカ、アジア、中南米の振興国や途上国を含む広範な地域を指します。経済成長に伴い、これらの国々は国際社会での影響力を増しています...
時事

ホモ・サピエンスとは?

ホモ・サピエンスとは? とは、約20万年前にアフリカで進化し、その後ユーラシアへと拡散した現生人類のことです。この学名はラテン語で「知恵ある人」を意味し、人類学上では「新人」とも呼ばれます。かつては人類の進化を単線的に捉えていましたが、現在...
時事

ネアンデルタール人とは?

ネアンデルタール人とは? 概要 ネアンデルタール人は約20万年前にヨーロッパで出現し、ホモ・ネアンデルターレンシスとして知られています。ドイツのネアンデル渓谷で発見された彼らは、約4万年前まで生存し、ホモ・サピエンスと共存した後に絶滅しまし...
時事

ハイデルベルク人とは?

ハイデルベルク人とは? ハイデルベルク人とは、約70万年前から約20万年前にかけて生息していたとされる古代人類の一種です。彼らは、ホモ・エレクトゥスから進化し、ネアンデルタール人と現生人類(ホモ・サピエンス)へと繋がる重要な存在と考えられて...
時事

北京原人とは?

北京原人とは? 北京原人は、中国北京郊外の周口店で発掘された原人(ホモ=エレクトゥス)の化石であり、約50万年前から30万年前のものとされています。かつてはシナントロプス=ペキネンシスと呼ばれていましたが、現在はその呼称は使われていません。...
時事

ジャワ原人とは?

ジャワ原人とは? ジャワ原人は、インドネシアのジャワ島トリニールで発掘されたホモ・エレクトゥスに属する化石人類です。かつてピテカントロプス・エレクトゥスと呼ばれていましたが、現在ではその用語は使われず、単にジャワ原人と呼ばれています。 発掘...
時事

ホモ・エレクトゥスとは?

ホモ・エレクトゥスとは? 約190万年前、アフリカ大陸にホモ・エレクトゥスが出現しました。彼らはホモ・ハビリスに続くホモ属の一員で、脳容積の増大や火の使用といった進化の特徴を持っていました。ホモ・エレクトゥスはアフリカからユーラシア大陸へと...
時事

旧石器時代の石器技術:礫石器から剥片石器への進化

旧石器時代の石器技術:礫石器から剥片石器への進化 礫石器とは 礫石器は、人類が最初に作った最も原始的な道具で、自然石の一部を打ち割って作られた。これらはオルドワン石器とも呼ばれ、約250万年前のエチオピアで発見されたものが最も古い例である。...
時事

ホモ・フロレシエンシスとは?

ホモ・フロレシエンシスとは? 2003年、インドネシアのフローレス島で、人類学者たちは驚くべき発見をしました。彼らは、約1メートルの身長とグレープフルーツほどの大きさの頭蓋骨を持つ、新種のホモ属の化石を発掘したのです。この新種は「ホモ・フロ...