時事

ハットゥシャ(ボアズキョイ)

ハットゥシャ(ボアズキョイ) ハットゥシャ 古代ヒッタイト王国の都 現在の地名はボアズキョイ 大量の楔形文字の粘土版が出土し、ヒッタイトとエジプト新王国の関係が明らかになった ボアズキョイ遺跡 トルコの首都アンカラから約150キロメートル東...
時事

鉄器と鉄製農具の歴史的変遷

鉄器と鉄製農具の歴史的変遷 小アジア発祥の鉄器文化 西アジアの小アジアは、青銅器に代わる鉄器の発祥地とされています。鉄器の使用は農具や武器としての生産力を高め、統一国家の出現に大きな影響を与えました。製鉄技術の起源は明確ではありませんが、小...
時事

小アジア/アナトリア:歴史の十字路

小アジア/アナトリア:歴史の十字路 アナトリア半島:古代から現代までの変遷 アナトリア半島、またの名を小アジアとは、西アジアの西端に位置する歴史的に重要な地域です。現在はトルコ共和国の一部となっていますが、この地はヒッタイト、ペルシア帝国、...
時事

ヒッタイト王国:古代オリエントの鉄器時代への架け橋

ヒッタイト王国:古代オリエントの鉄器時代への架け橋 ヒッタイト王国の興亡 ヒッタイト人はインド=ヨーロッパ語族に属し、紀元前17世紀中頃、小アジアに王国を建設しました。彼らはメソポタミアに進出し、帝国の支配を拡大しましたが、紀元前1200年...
時事

民族移動の歴史的波紋:古代から現代への大規模な移動

民族移動の歴史的波紋:古代から現代への大規模な移動 世界史上、多くの大規模な民族移動が繰り返されてきました。特に有名なのは4~5世紀に起きたゲルマン人の移動ですが、古代から現代に至るまで、さまざまな形態で民族移動は行われています。 民族移動...
時事

ハンムラビ王と法典:古代バビロンの法と正義

ハンムラビ王と法典:古代バビロンの法と正義 ハンムラビ王は、前18世紀ごろのバビロン第1王朝の王であり、メソポタミア統一を再現し、法典編纂、駅伝制整備や灌漑用水路の建設などを行いました。彼はアムル人が築いたバビロン第1王朝の第6代の王として...
時事

バビロン:古代の栄光から現代への影響

バビロン:古代の栄光から現代への影響 バビロンは、メソポタミア南部のバビロニア地方に栄えた古代都市で、紀元前1900年頃にバビロン第一王朝として繁栄が始まりました。新バビロニアのネブカドネザル王は、ユダ王国を滅ぼし、多くのヘブライ人を捕囚と...
時事

古バビロニア王国:ハンムラビ王の全盛期からヒッタイトによる滅亡まで

古バビロニア王国:ハンムラビ王の全盛期からヒッタイトによる滅亡まで 古バビロニア王国は、紀元前1900年頃にアムル人によってメソポタミア南部に建国された王国です。この王国は、特に前18世紀のハンムラビ王の時代に全盛期を迎え、メソポタミア全域...
時事

バビロニアの興亡と文明の遺産

バビロニアの興亡と文明の遺産 バビロニアは、古代メソポタミア南部に位置し、バビロンを中心とした地域で、バビロン第一王朝から始まり、カッシートの王国や新バビロニア王国など多くの王朝が興亡しました。この地域は、ティグリス・ユーフラテス川流域のオ...
時事

シュメール法典:世界最古の法の系譜

シュメール法典:世界最古の法の系譜 シュメール法典は、前22世紀末にシュメール人によって編纂され、世界最古の法典とされています。この法典は、ウル第3王朝のウル=ナンム王の時代に整備され、後のハンムラビ法典に大きな影響を与えました。 正義の維...