時事

シュメール法典:世界最古の法の系譜

シュメール法典:世界最古の法の系譜 シュメール法典は、前22世紀末にシュメール人によって編纂され、世界最古の法典とされています。この法典は、ウル第3王朝のウル=ナンム王の時代に整備され、後のハンムラビ法典に大きな影響を与えました。 正義の維...
雑学・トリビア&まとめ・一覧系

ウル第3王朝:シュメールの法と秩序の時代

ウル第3王朝:シュメールの法と秩序の時代 ウル第3王朝は、紀元前2100年頃にシュメール人によってメソポタミアで再建された重要な領域国家です。この王朝は、ウルを中心に独立を回復し、紀元前2112年から2004年までの約100年間、メソポタミ...
時事

サルゴン1世:メソポタミアを統一した伝説の王

サルゴン1世:メソポタミアを統一した伝説の王 サルゴン1世は、紀元前2300年頃にシュメール人の都市国家を征服し、メソポタミア地域を初めて統一したことで知られるアッカド王国の創設者です。彼は「戦いの王」としても称えられ、その治世はメソポタミ...
時事

アッカド人とアッカド王国の興亡

アッカド人とアッカド王国の興亡 アッカド人は、紀元前2300年頃にメソポタミア地域を統一したセム系民族で、アッカド王国を建設しました。しかし、紀元前2150年頃には衰退しました。アッカド語はオリエントの公用語として広く用いられた言語です。 ...
時事

ラガシュ:シュメール文明の重要な遺跡

ラガシュ:シュメール文明の重要な遺跡 ラガシュは、メソポタミア文明におけるシュメール人が建設した都市国家の遺跡の一つです。ウルクやウルと並ぶこの重要な遺跡は、現在のイラク、ティグリス川下流とユーフラテス川下流の間に位置しています。 発掘とそ...
時事

肺気胸:原因と治療法

肺気胸:原因と治療法 肺気胸とは、肺に穴が開き、空気が漏れ出て肺がしぼむ病気です。この状態は胸痛、咳、息切れなどの症状を引き起こします。穴が開く主な原因は、肺の表面にできる「のう胞」(ブラ)が破れることですが、ブラができる理由や破れる理由は...
雑学・トリビア&まとめ・一覧系

ウルの遺跡とその歴史的意義

ウルの遺跡とその歴史的意義 ウルの軍旗とシュメール人の都市国家 紀元前3000年頃に栄えたシュメール人の都市国家ウルは、メソポタミア文明の繁栄を今に伝える重要な遺跡です。特に有名なのは、神殿とされるジッグラトや「ウルの軍旗」と呼ばれる遺物で...
雑学・トリビア&まとめ・一覧系

仏像の見分け方:如来、菩薩、明王、天の違い

仏像の見分け方:如来、菩薩、明王、天の違い 仏像とは、仏教で信仰される「仏」の姿を表した彫刻であり、日本の文化財としても重要な価値を持っています。京都や奈良のお寺では、多種多様な仏像を拝観することができますが、初心者にとってはその種類の多さ...
時事

ギルガメシュ叙事詩:古代メソポタミアの英雄と大洪水の物語

ギルガメシュ叙事詩:古代メソポタミアの英雄と大洪水の物語 概要 ギルガメシュ叙事詩は、シュメール人によって生み出された古代メソポタミア文明の代表的な英雄叙事詩です。この物語は、ウルク第1王朝時代の実在した王、ギルガメシュを主人公としており、...
時事

シュメール文明の興亡とその遺産

シュメール人とは? シュメール人は、紀元前3000年代にメソポタミアで最初の都市文明を築いた民族です。彼らの民族系統は不明ながらも、ウル、ラガシュなどの都市国家を建設し、青銅器、楔形文字、ジッグラト、シュメール法典などの文化を発展させました...