1日1分 かんたんTOEIC リスニング対策部

シュクメルリ鍋(790円)松屋世界紀行ジョージア編、ジョージアで食べた本物も紹介

この記事は約3分で読めます。

シュクメルリ鍋(790円)松屋世界紀行ジョージア編

牛丼大手チェーンの松屋が「松屋 世界紀行」と銘打ち、海外の名物料理を新メニューに登場させる企画を始めました。

松屋世界紀行の第1弾はジョージア料理の「シュクメルリ」。

「シュクメリル」や「シュルクメリ」ではなく「シュクメルリ」です。

「シュクメルリ鍋定食」は790円(税込)
「シュクメルリライスセット」は730円(税込)

シュクメルリとは?

シュクメルリとは、ジョージアの郷土料理です。

シュクメリ村という、この料理発祥の村の名前が料理名の由来になっています。
その地域限定というわけでもなく、ジョージア全土でよく食べられています。

どんな料理かというと、鶏肉を油で煮込んだ料理。
ガーリックが効いていて、ナッツやドライフルーツなどもよく入っています。

ざっくりいうと、鶏肉のアヒージョです。

松屋のものはクリームシチューみたいなホワイトソース仕立てになっていますが、私がジョージアで食べたものはホワイトソースは入っていませんでした。

アヒージョみたいなものなので、ご飯と一緒に食べるよりは、パンとワインが合います。

松屋のものは、ご飯とみそ汁が付いてくるみたいです。
「松屋、正気か?」

でも、カレーに味噌汁つけてくる人たちだからな。
松屋らしいといえば松屋らしい。

本場ジョージアのシュクメルリはこんなの。
白っぽいのはバターがたっぷりだから。
クリームシチューみたいなとろみのある感じではなく、アヒージョみたいなさらさらした感じ。

ジョージアとは?

ジョージアとは、コーカサス地方にある国の名前。

昔はグルジアと呼ばれていました。

コーカサスというのは、アジアとヨーロッパの間。
ジョージア、アルメニア、アゼルバイジャンなどの国がある地域一帯をさします。

ジョージアは、昔は旧ソビエト連邦の一員でした。
しかし、いまはロシアと仲が悪いです。

そのため、
「国名をロシア語っぽい発音の『グルジア』と呼ぶのはやめてくれ、英語風発音の『ジョージア』にしてくれ」
という同国の要請を受けて数年前から日本では「ジョージア」という呼び方に変更されました。
(現地での国名自体が変わったのではなく、日本での発音や表記が変わっただけ)

ちなみにジョージアはワイン発祥の地と呼ばれています。

お隣の国である「アルメニア」ではキリスト処刑後に死亡確認に使われた「ロンギヌスの槍」が保管されていた「ゲガルド修道院」があります。
また、「ノアの箱舟」「アララト山」などもあります。

原始キリスト教に関係が深く、文化的にかなりおもしろいエリアです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました