noteもやってます。

記事をnoindexにする方法。サイトを整理してGoogleの評価を上げる

記事をnoindexにする方法。サイトを整理してGoogleの評価を上げるSEO
記事をnoindexにする方法。サイトを整理してGoogleの評価を上げる
この記事は約6分で読めます。

以下の記事にある実験をしたときに、同じタイトル・同じ本文の記事を何度も投稿しました。

【はてなブックマーク】カテゴリーの仕組みを検証。実はランダムだった!?
はてなブックマークのカテゴリー分けが適当すぎる! 記事の内容とは全く関係ないカテゴリーに分類されることってありますよね。 サイコロを振ってランダムに決めてるんじゃないかってくらい適当なので どういう法則でカテゴリーが決まるのか検証...

このとき、Googleからスパムだと判断されると困るので、実験用の各記事にはnoindexの設定をしました。

本日は、noindexとは何か?
noindexの設定方法について解説します。

noindexを上手に使うとGoogleの検索結果で順位が上がります。

noindexとは?

noindexとはGoogleなどの検索結果に自分のブログを表示させなくする仕組みです。
ブログ全体をGoogle検索に表示させなくしたり、
特定のページだけをGoogleの検索結果から消したりできます。

では、いったい何のためにnoindexを使うのでしょうか?

ブログ内でコンテンツが重複していたり、数行しかない短いコンテンツがあると
ブログ全体の検索順位が下がります。

そういうときに、noindexを使って不要なページをGoogleのインデックスから外すと
そのページはGoogleの評価対象から外れます。
その結果、ブログ全体の評価が上がります。

たとえば、
「夏休み中はブログをお休みします」
のような本文が1行だけのコンテンツがあるとGoogleからの評価が下がる可能性があります。

このとき、そのページにだけnoindexの設定をしておけば
「夏休み中はブログをお休みします」とういページはGoogleの検索結果には出てこなくなりますが、
Googleの評価対象から外すことができます。

noindexを設定する方法(htmlを編集)

noindexの設定は簡単。
htmlの<head>タグの中に以下のような1行を書くだけです。
すると、そのページはGoogleの検索結果に表示されなくなります。

<meta name="robots" content="noindex,nofollow,noarchive">

しかし、はてなブログなど一部のブログサービスでは
記事単位でhtmlの<head>を編集することができません。

はてなブログの管理画面から<head>タグの編集はできるんですが、ブログ全体の共通設定になってしまいます。
ここにnoindexの設定を書いてしまうとブログの全ページがGoogleの検索結果から消えます。
うっかり設定しないように注意しましょう。

noindexを設定する方法(Javascript)

htmlの<head>を直接編集できないときはJavascriptを使います。
Javascriptを使うとhtmlに要素を付け足したり、書き換えたり、動的に編集することができます。

以下のJavascriptコードを記事に貼り付ければ、ページ単位でnoindexの設定ができます。

<script>
var doc = document;
var head = doc.getElementsByTagName("head")[0];
var meta = doc.createElement("meta");
meta.setAttribute("name","robots");
meta.setAttribute("content","noindex,nofollow,noarchive");
head.appendChild(meta);
</script>

はてなブログの場合は、
記事を書くときにHTML編集に切り替えて、本文にコードを貼りつければOK。
<script>と</script>で囲まれた部分は、記事を公開した時には画面には表示されません。

はてなブログ Javascriptを本文に貼り付けるときは「HTML編集」

はてなブログ Javascriptを本文に貼り付けるときは「HTML編集」

はては記法やMarkdownを使っている人は、
本文に直接Javascriptのコードを貼り付ければOK。

記事編集画面 本文を書くところにJavascriptを書く

記事編集画面 本文を書くところにJavascriptを書く

このJavascriptのコードはhtmlの中に以下の1行を書き足してくれます。

<meta name="robots" content="noindex,nofollow,noarchive">

はてなブログだとhtmlの<head>の部分を直接編集できないんですが、
Javascriptを使うと間接的に<head>の中身を書き換えられるんです。

noindexの設定を確認する

Javascirptでhtmlを書き換える場合、
右クリック > 「ページのソースを表示」
からページのhtmlソースコードを確認してもnoindexの設定は反映していません。

「ページのソースを表示」で見られるのは
Javascriptを実行する前のソースコードです。

右クリック > 「検証」
をクリックすれば、Javascriptを実行後のhtmlソースコードが確認できます。
つまり、Javascriptでnoindexの設定が追記できているか確認できます。
(Google Chromeブラウザを使っている場合)

右クリック > 検証 でソースコードを確認

右クリック > 検証 でソースコードを確認

右クリック > 「検証」の画面で表示されるhtmlの中に
以下のような1行があればnoindexの設定に成功しています。

<meta name="robots" content="noindex,nofollow,noarchive">
HTMLソースコード

HTMLソースコード

ブラウザが Firefoxの場合は「要素を調査」
Safariの場合は「要素の詳細を表示」
IEの場合は「要素の検証」
どのブラウザでも同様にJavascript実行後のHTMLを確認できる機能があります。

設定が反映するまでの時間

既にGoogleの検索結果に表示されているページにnoindexの設定を追加した場合、反映するまでには1週間や1か月など長時間かかる場合があります。
つまり、設定してすぐにGoogleの検索結果から消えるわけではないです。
これに関してはGoogle側の都合なのでどうすることもできないです。

まとめ

以下の1行をhtmlの<head>タグに書き込むと、そのページはGoogleの検索結果に表示されなくなる。

<meta name="robots" content="noindex,nofollow,noarchive">

はてなブログなど、<head>タグをページごとに編集できない場合はJavascriptを使うと上記の1行をHTMLソースコードの中に設定することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました