noteもやってます。

宮古島で「ウランペレット(核燃料棒)」と書かれた物体が発見される。陸上自衛隊に災害派遣要請

ウランペレット(核燃料棒)時事
ウランペレット(核燃料棒)
この記事は約5分で読めます。

宮古島で「ウランペレット(核燃料棒)」と書かれた物体が発見される

ウランペレット(核燃料棒)

ウランペレット(核燃料棒)

 

宮古島で「ウランペレット(核燃料棒)」と書かれた物体が発見されました。

2019年11月17日夕方、沖縄県宮古島市(みやこじまし)伊良部町(いらぶちょう)で中学生が釣りに出かけ、国仲橋付近で「ウランペレット(核燃料棒)」と書かれた不審物を拾います。

翌18日午後9時ごろ、中学生の父親が不審物の存在に気づき縄県警宮古島署に通報。

翌19日午前2時2分、宮古島署から連絡を受けた宮古島市が沖縄県に連絡。

19日午前3時11分、沖縄県の玉城デニー(たまき でにー)知事が陸上自衛隊に災害派遣要請をします。

19日午前6時42分、陸上自衛隊が現場で不審物の放射線量を測定。
物体から放射線は検知されませんでした。

「ウランペレット(核燃料棒)」とは?

ウランペレット(核燃料棒)_警察署に保管中の物

ウランペレット(核燃料棒)_警察署に保管中の物

今回発見されたものは、長さ19.5センチ、直径1~2センチの筒状のプラスチック製の容器に「ウランペレット(核燃料棒)」と書かれたラベルが貼られています。

ウランペレットというのはウランを直径1cm×高さ1cm程度の円柱のペレット状に固めたもの。
原子炉で燃料に使われます。

ペレットというのは小さく丸めた粒上のものを意味する英単語が元になっています。
カリカリタイプのドッグフードなんかをイメージすると分かりやすいです。

メルカリで同様のものが販売されていた

エネルギー教育用 燃料見本キット

エネルギー教育用 燃料見本キット

エネルギー見本きっと エネルギー教育用 燃料見本キット(¥1,599)- メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ

ご覧いただきありがとうございます。ご不明点があればコメントよろしくお願いいたします。10年ほど前にもらいました。いずれも未使用品です。塾等で子ども提示用にいかがでしょうか?プログラミング木炭石炭コークス石炭オイルシェール木材チップゴミ固形燃料RDF重油石油灯油ウランペレット…

宮古島で発見された不審物の「ウランペレット(核燃料棒)」と同様のものがフリーマーケットアプリのメルカリに出品されていました。
お値段は1,599円。

既に落札済で、現在は商品ページが削除されています。

宮古島で発見された「ウランペレット(核燃料棒)」とフォントまで同じですね。

「ウランペレット(核燃料棒)」だけではなく、以下の6つのものがプラスチック製円形容器っぽいものに入っています。

  • 木炭
  • 石炭
  • ゴミ固形燃料(RDF)
  • 石炭コークス
  • オイルシェール
  • 木材チップ

右上に小瓶のようなものが3つありますが、そちらはラベルが見えないので中身は不明。

「エネルギー教育用 燃料見本キット」というセット商品のようです。
ウランに限らず、様々な燃料について学ぶ目的の実験キットのようなものみたいですね。

エネルギー教育用 燃料見本キットとは?

エネルギー教育用 燃料見本キット説明書

エネルギー教育用 燃料見本キット説明書

エネルギー教育用教材キットを無償配布 配布先高校3,000校を募集

「エネルギー教育推進事業」の一環として、高校生を対象とした「エネルギー教育用教材キット」を作成した資源エネルギー庁は、このキットの配布を希望する高校の募集を開始した。
「エネルギー教育推進事業」は「総合的な学習の時間」などで、エネルギーを取り巻く情勢についての知識を深め、日本が直面しているエネルギー問題について考えてもらうことを目的に、同庁が14年度から開始した事業。
今回配布する教育用教材キットは(1)燃料電池キット、(2)風力発電実験キット、(3)石炭焚蒸気機関模型キット、(4)燃料見本キット、(5)温室効果ガス実験キット、(6)原子力発電学習ビデオの6種類のキットを1セットとしたもので、計3,000セットを配布する予定。配布は無料だ。
なおキットのうち、温室効果ガス実験キットは炭酸ガスと空気の暖まり方の違いを実験で確かめることができる内容、燃料電池キットは燃料電池を自らの手で作り水素製造の原理を体験できる内容。 希望者は16年1月31日まで、(株)日鉄技術情報センターにFAXで申込むことが必要。
また資源エネルギー庁では15年12月12日から12月26日まで、東京・霞ヶ関の経済産業省本館1Fロビーでキット現物の展示も行っている。【資源エネルギー庁】
http://www.eic.or.jp/news/?act=view&serial=6619

「エネルギー教育用 燃料見本キット」とは、経産省資源エネルギー庁が「エネルギー教育推進事業」の一環として高校生を対象に無償配布していた教材のようです。
平成14年(2002年)から開始した事業とのことなので、メルカリにある「10年ほど前にもらった」という記述ともおおよその年代が一致しますね。

「エネルギー教育用教材キット」では以下の6つがセットになっていて

  • 燃料電池キット
  • 風力発電実験キット
  • 石炭焚蒸気機関模型キット
  • 燃料見本キット
  • 温室効果ガス実験キット
  • 原子力発電学習ビデオ

その中の、「燃料見本キット」がメルカリに出品されていたもの。

宮古島で発見された不審物「ウランペレット(核燃料棒)」は、「燃料見本キット」の中の一部ということですね。

同様のものが3,000セット配布されたようなので、メルカリにあるものと宮古島で発見されたものは同型の製品というだけで、メルカリで買ったものを誰かがいたずらで宮古島に置いたとかそういう話ではなさそうです。

不審物は宮古島警察署で保管中

今回発見された「ウランペレット(核燃料棒)」は沖縄県警の宮古島署に保管されています。
危険物ではないことが確認できれば処分をする予定とのことです。

陸上自衛隊に災害派遣要請が出されるなど大事になっていますが、元をたどれば経産省資源エネルギー庁が配布していた普通の学習教材。

事件性などはなさそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました