1日1分 かんたんTOEIC リスニング対策部

mod_mime_magic: can’t readエラーの対処法

この記事は約2分で読めます。

mod_mime_magic: can’t readエラーの対処法

エラーの内容

XServerのエラーログに

「mod_mime_magic: can’t read `/xxx/public_html/yyy.cgi」

みたいなエラーが大量に記録されていた。

解決方法

FTPでサーバーにアクセスして、「yyy.cgi」というファイルのパーミッションを「700」から「704」に変更したらエラーが出なくなった。

mod_mime_magicとは?

サーバーのmod_mime_magicというのがうまく動作していなかった。

mod_mime_magicというのは、ファイルの種類を判定する機能。

普通は、ファイルの拡張子が.jpgなら画像で、.txtならテキストみたい拡張子だけ見れば何のファイルか分かる。
しかし、画像ファイルに.txtというファイル名をつけたりすることもできなくはない。

mod_mime_magicは、拡張子に騙されずにファイルの中身からファイルの種類を確認してくれる機能。

エラーの原因

mod_mime_magicがファイルの中身を確認するときに、権限がないためエラーになっていた。

「700」となっていると、自分は「読み(4)」「書き(2)」「実行(1)」ができる。
(4+2+1=7)
他の人は「読み(4)」「書き(2)」「実行(1)」ができない。

「704」にすると、自分は「読み(4)」「書き(2)」「実行(1)」ができる。
他の人も「読み(4)」だけできるようになる。

サーバーがサーバーの中のファイルを読むから「自分」に対するパーミッションがあればいいのかと思ってたけど、「他人」に対して「読み(4)」のアクセスを許可しないと「mod_mime_magic」はファイルの中身をチェックできない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました