1日1分 かんたんTOEIC リスニング対策部

Googleアドセンス、「モバイル全画面広告」の収益を確認する方法

この記事は約3分で読めます。

Googleアドセンス、モバイル全画面広告とは?

スマホでブログを見ていると、画面いっぱいに広告が表示されることがあります。
Googleアドセンスにもこのタイプの広告があり、「モバイル全画面広告」と呼ばれています。

モバイル全画面広告」は、ブログに読者がやってきたときに毎回表示されるわけではなく、たまにしか登場しません。
しかし、表示された場合の「クリック率」や「クリック単価」が他のタイプの広告よりも高く、収益性が良いといわれています。

Googleアドセンスの管理画面には、「モバイル全画面広告」の成果だけを表示する方法があります。
あなたのサイトでも「モバイル全画面広告」の成績がどうなっているのか確認してみましょう。

それでは操作方法を見ていきましょう。

Googleアドセンス、モバイル全画面広告の成果を確認する方法

まずは、Googleアドセンスの管理画面を開きます。

そして、「レポート」のページを開きましょう。

「広告フォーマット」をクリック

Googleアドセンス管理画面、レポート>フィルタ>広告フォーマット

Googleアドセンス管理画面、レポート>フィルタ>広告フォーマット

レポート画面の上部に、「フィルタ」という箇所があります。

ここをクリックすると「フィルタ」の選択肢として以下のようなものが表示されます。

  • プロダクト
  • ホスト クライアント
  • 広告ユニット
  • 広告サイズ
  • カスタム検索スタイル
  • プレースメント方法
  • カスタム チャネル
  • コンテンツ プラットフォーム
  • プラットフォーム
  • URL チャネル
  • サイト
  • 確認済みのサイト
  • 広告フォーマット
  • リクエストされたフォーマット
  • 配信されたクリエイティブ
  • 広告ネットワーク
  • 広告の動作
  • ターゲットのタイプ
  • 入札単価タイプ
  • クリエイティブ サイズ

選択肢の中から「広告フォーマット」を選んでください。
(選択肢の後半にあるので、スクロールしないと「広告フォーマット」は表示されません)

「モバイル全画面」をクリック

Googleアドセンス管理画面、レポート>フィルタ>広告フォーマット>モバイル全画面01

Googleアドセンス管理画面、レポート>フィルタ>広告フォーマット>モバイル全画面

広告フォーマット」をクリックすると、さらに以下のような選択肢が登場します。

  • アンカー
  • インフィード
  • なし
  • ページ内
  • モバイル全画面
  • 記事内
  • 没入型全画面

モバイル全画面」をクリックしましょう。

レポートを確認

Googleアドセンス管理画面、レポート>フィルタ>広告フォーマット>モバイル全画面02

Googleアドセンス管理画面、レポート>フィルタ>広告フォーマット>「モバイル全画面」選択後

「フィルタ」のところに
広告フォーマット モバイル全画面
と表示されていることを確認しましょう。

この画面で、

  • 表示回数
  • クリック数
  • インプレッション収益
  • アクティブビュー視認可能率
  • 見積もり収益額

などの成績を確認することができます。

まとめ

Googleアドセンスの管理画面で、
レポート > フィルタ > 広告フォーマット > モバイル全画面
とクリックします。

すると、「モバイル全画面広告」の成績を確認することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました