noteもやってます。

【必読】「言う」と「いう」どっちが正しい?「漢字」と「ひらがな」使い分け講座

【必読】「言う」と「いう」どっちが正しい?「漢字」と「ひらがな」使い分け講座ライティング
【必読】「言う」と「いう」どっちが正しい?「漢字」と「ひらがな」使い分け講座
この記事は約7分で読めます。

「表記ゆれ」をなくす

サイト内で、同じ意味の言葉が違った表記で書かれていると気持ち悪い。
複数の表記が入り混じっていることを「表記ゆれ」といいます。

「表記ゆれ」が多い文章は読んでいて疲れます。
ブログを書くときには注意しましょう。

では、なぜ「表記ゆれ」が発生するのか?
それは「漢字」と「ひらがな」、どちらで書くべきか分かっていないから。

ルールを理解すれば「表記ゆれ」が無くなり、文章がすっきりして読みやすくなります。

漢字を「ひらく」

「漢字」を「ひらがな」に直すことを「ひらく」、
「ひらがな」から「漢字」に直すことを「とじる」と呼びます。

基準は常用漢字か否か。
常用漢字ではないものは「ひらがな」で書きましょう。

また、当て字なども漢字を使わずひらがなで書きます。

漢字を「ひらく」の例

有難う御座いました。

ありがとうございました。

宜しく御願い致します。

よろしくお願いいたします。

「漢字」 or 「ひらがな」、一般的なルール

本動詞は「漢字」、補助動詞は「ひらがな」
複合動詞の後半は「ひらがな」
副詞は「ひらがな」
実質名詞は「漢字」、形式名詞は「ひらがな」

動詞は「漢字」、補助動詞は「ひらがな」

動詞本来の意味で使う場合は「漢字」、それ以外は「ひらがな」で書きます。

「動詞」と「補助動詞」の例

本動詞:
意見を言う

補助動詞:
日本という

「言う」 or 「いう」

発言するという本来の意味で使う場合は「言う」、それ以外は「いう」を使います。

よくわからないときは「いう」で統一してしまいましょう。
漢字が詰まった文章は堅苦しくて読みにくいです。
だから「漢字」で書くべきところをあえて「ひらがな」で書くことはあります。

でも「ひらがな」で書くべきところを「漢字」で書いてしまうと素人っぽさが出てしまいます。
慣れないうちは迷ったら「ひらがな」と覚えておきましょう。

「当て字」は使わない

漢字の「当て字」は使わず、基本的に「ひらがな」で書く。

「当て字」の例

目出度い

めでたい

御座居ます

ございます

流行り

はやり

複合動詞の後半は「ひらがな」

ふたつの動詞の合成語の場合、後半の動詞は「ひらがな」で書きます。

「複合動詞」の例

眠りつづける
読みなおす

複合動詞の注意点

「複合動詞」っぽいけど「複合動詞じゃない」ものもあります。

差し上げる
差しあげる

「差し上げる」は「差す」+「上げる」の複合語ではありません。
「差し上げる」でひとつの言葉です。
(他動詞・下一段活用の本動詞)

副詞は「ひらがな」

一般的に、副詞は「漢字」ではなく「ひらがな」で書きます。

「副詞」の例

もっとも効果の高い
ほとんど効果のない

実質名詞は「漢字」、形式名詞は「ひらがな」

「実質名詞」と「形式名詞」の例

実質名詞:
事が起こってからでは遅い

形式名詞:
文章を書くことが苦手だ

  • こと(事)
  • とき(時)
  • もの(物)
  • ところ(処)

~のとき
~なもの
などのように後ろにくる場合は基本的に形式名詞です。
「ひらがな」で書きます。

「ひらがな」で書くべき言葉一覧

漢字ひらがな
敢えてあえて
有難うありがとう
有り難うありがとう
御座いござい
宜しくよろしく
当たってあたって
貴方あなた
貴女あなた
余りあまり
予めあらかじめ
有るある
有りあり
或いはあるいは
改めてあらためて
併せてあわせて
言ういう
言わばいわば
如何にいかに
如何いかん
幾ついくつ
何れいずれ
致すいたす
致しますいたします
頂くいただく
戴くいただく
至っていたって
何時いつ
一層いっそう
一旦いったん
一杯いっぱい
一遍にいっぺんに
今更いまさら
未だいまだ
居るいる
居りおり
色々いろいろ
所謂いわゆる
うち
あり得るありうる
嬉しいうれしい
概ねおおむね
して置くしておく
恐らくおそらく
凡そおよそ
及びおよび
且つかつ
可也かなり
下さいください
くらい
此処ここ
こと
ごと
殊更ことさら
ころ
先程さきほど
流石さすが
様々さまざま
更にさらに
し難いしがたい
直にじかに
従ってしたがって
暫くしばらく
直ぐにすぐに
既にすでに
即ちすなわち
全てすべて
折角せっかく
是非ぜひ
そば
そば
大分だいぶ
沢山たくさん
ただ
但しただし
例えばたとえば
度々たびたび
たび
ため
丁度ちょうど
一寸ちょっと
遂についに
に付きにつき
漢字ひらがな
繋げるつなげる
繋がりつながり
出来るできる
通りとおり
とき
何処どこ
ところ
ところ
伴いともない
共にともに
捉えるとらえる
無いない
無くなく
尚更なおさら
なお
中々なかなか
なか
何故なぜ
など
何卒なにとぞ
に成るになる
何等なんら
何らなんら
甚だはなはだ
一つひとつ
1つひとつ
一つ一つひとつひとつ
1つ1つひとつひとつ
二つふたつ
2つふたつ
の方のほう
ほか
ほど
程々にほどほどに
殆どほとんど
先ずまず
益々ますます
又はまたは
全くまったく
まで
滅多にめったに
滅法めっぽう
若しくはもしくは
持つもつ
以ってもって
尤ももっとも
専らもっぱら
下でもとで
元にもとに
基にもとに
もの
もの
最早もはや
易いやすい
易しいやさしい
故にゆえに
行く行くゆくゆく
良いよい
善いよい
様にように
様なような
因ってよって
依ってよって
拠ってよって
余程よほど
わけ
僅かわずか
割りとわりと
我々われわれ
われ
辿たど
私達私たち
御願いお願い
団欒団らん
組合せ組み合わせ
組み合せ組み合わせ
組合わせ組み合わせ
問合せ問い合わせ
問い合せ問い合わせ
問合わせ問い合わせ
取扱い取り扱い
取扱取り扱い

ひらく漢字チェックツール

以下のページにひらく漢字チェックツールを置いてあります。
「ひらがな」で書くべき言葉一覧を自動でチェックしてくれます。

【おすすめ】ひらく漢字チェックツール
ひらく漢字チェックツールとは 文章の中には 「漢字」で書くべき言葉と 「ひらがな」で書くべき言葉があります。 「漢字」から「ひらがな」に直すことを「漢字をひらく」といいます。 ひらく漢字チェックツールは「ひらがな」で書くべ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました