noteもやってます。

水曜日のダウンタウンに出てくる無表情おじさんの正体

水曜日のダウンタウン時事
水曜日のダウンタウン
この記事は約2分で読めます。

水曜日のダウンタウンに出てくる無表情おじさん

水曜日のダウンタウンの「人がいる」シリーズのどっきり企画に仕掛け人としてよく出てくる無表情おじさん。

彼の名は白畑真逸(しらはた しんいち)
アルファセレクションという事務所に所属する役者さんです。

一切がヴェールに包まれた謎の人物という設定なのかと思いきや、所属事務所のTwitter(ツイッター)アカウントで普通に宣伝されてました。

無表情には定評のある白畑

人がいるシリーズでは

  • 「開けたら人がいる」が結局一番怖い説(2016年8月10日放送)
  • 「後部座席に人がいる」が結局一番怖い説(2017年3月22日放送)
  • 「起きたら人がいる」が結局一番怖い説(2017年5月24日放送)
  • 「ベッドの中に人がいる」が結局一番怖い説(2018年2月28日放送)

などがあります。

その脅かし役として、何時間も微動だにせず、一言も発せず、ターゲットが見つけてくれるまで無表情でひたすらじっと待つ忍耐強さ。

その無表情おじさんが遂に主役に。
2019年10月30日放送の水曜日のダウンタウンでなんとドッキリを仕掛けられる側に回っていました。

いつも通り、ドッキリの仕掛け人として呼び出され、お笑い芸人アントニーの自宅クローゼットに無表情で待機。
アロマの機械から異臭を出す仕掛けが設置されていて、ドッキリの仕掛け人だと思っている無表情おじさんを匂い攻めにします。

少し顔をゆがめながらもすぐに持ち直し感情を殺す無表情おじさん。

30分ほど異臭に耐えながらようやくアントニーに発見されたときはしっかり無表情で役目を全うしていました。

ドッキリ終了後、ネタばらしで無表情おじさんがしゃべっている姿を拝見できるかと期待したんですが、結局アントニーの「なんでそっちにインタビューしてんですか?」というリアクションでコーナーは終了してしまいました。

無表情おじさんがしゃべるところを見たかった。

水曜日のダウンタウン、説一覧
水曜日のダウンタウン、過去に放送された説のまとめ。 水曜日のダウンタウン、説一覧(2014年) 2014年4月23日 競歩の選手 全員 他の競技で挫折した人説 スケバン 絶滅説 北朝鮮 実はスゴい説 引退後の...

コメント

タイトルとURLをコピーしました