1日1分 かんたんTOEIC リスニング対策部

統計学に出てくる記号の読み方

この記事は約3分で読めます。

統計学に出てくる記号の読み方

記号読み方メモ
デル、ラウンドデルタ偏微分
ナブラ偏微分を並べたベクトル
ニアリーイコール≒と同じ
合同左辺と右辺が同一の場合に使う
=は特定の変数で成り立つとき
≡はどの変数に対しても常に成り立つとき(恒等式)
比例y ∼ x
yはxに比例する
比例 y ∝ x
yはxに比例する
^ハット\hat{y}のように書いて、yの予測値を意味する
予測値と実際の値の誤差を求めて、誤差が小さくなるなるようなモデルを作る
expエクスポネンシャル exp x = e の x乗
x(指数部分)に複雑な式を書くと読みづらいので expという表記で置き換えているだけ
eイーネイピア数(自然対数の底)
e≒2.718
アダマール積行列の成分同士の掛け算
tanhハイパボリックタンジェント双曲線関数のタンジェント

ラテン語アルファベット

記号読み方メモ
εイプシロンラテンアルファベットのE
ϵイプシロン?このページに出てきたんだけどなんなのかよくわからない
https://nnadl-ja.github.io/nnadl_site_ja/chap1.html
たぶん「ものすごく小さい値」を記号で表現しているんだとおもうけど…「ϵ」をGoogleで検索すると「イプシロン」のwikipediaがトップに出てきます。
μミューラテンアルファベットのM
平均
σシグマラテンアルファベットのS
標準偏差
ηイータラテンアルファベットのH
学習率を表すのに使う
δデルタラテンアルファベットのD
差分、変化量などを表すときに使う
Δが大文字で、δが小文字
ϕファイヤコビ行列で
f(x,y)をx=φ(u,v)とy=ψ(u,v)
に置き換える
ψプサイ
パイラテンアルファベットのP
総乗
Σの掛け算版
ProductのP
Θシータθの大文字
ラテン文字のthに相当
$$\mu$$ミューラテンアルファベットのM
平均
平均は\(\bar{x}\)とも書く
meanの頭文字?
機械学習で使う英単語まとめ
機械学習の資料は英語が多い 機械学習を勉強していると英語で書かれた資料に目を通す機会も多い。 たとえば「derivative」という単語が出てくる。 一般的には「派生」という意味。 しかし、頻繁に「derivative」とい...

コメント

  1. イプシロンは一般的に「ϵ」(U+03F5) ではなくて「ε」(U+03B5)なのではないでしょうか

    • ご指摘ありがとうございます。
      修正しました。

タイトルとURLをコピーしました