noteもやってます。

◯月◯日は◯◯を食べる日。日本の年中行事と食べ物まとめ

モロゾフバレンタイン広告まとめ・一覧系
モロゾフバレンタイン広告
この記事は約9分で読めます。

◯月◯日は◯◯を食べる日。日本の年中行事と食べ物まとめ

3月3日は「ひな祭り」、雛あられなどを食べます。

5月5日は「子どもの日」、柏餅などを食べます。

7月7日は「七夕」、???

季節のイベントには、だいたい食べ物が登場するけど、七夕だけマイナーじゃない?

「○○の日」がやってくるたびに、「今日は何をすればいいんだっけ?」と思うことがあるので、主だった年中行事を一覧にまとめました。

◯◯の日、食べ物一覧

日付行事食べ物
1月1日お正月おせち
お雑煮
お屠蘇
1月7日人日七草粥
1月15日鏡開き鏡餅
2月3日節分
恵方巻
2月14日バレンタインチョコレート
3月3日雛祭りひなあられ
菱餅
甘酒
3月14日ホワイトデーマシュマロ
5月5日こどもの日柏餅
ちまき
菖蒲湯
6月21日夏至小麦・タコ
7月7日七夕素麺
7月21日土用の丑の日うなぎ
9月9日重陽の節句栗ご飯
菊酒
9月22日秋分の日おはぎ
10月1日十五夜月見団子
12月21日冬至かぼちゃ
ゆず湯
12月24日クリスマスターキー
チキン
クリスマスケーキ
12月31日大晦日年越しそば

1月1日、お正月

お正月の食べ物と言えば「おせち料理」と「お雑煮」ですね。

御節料理(おせちりょうり)

「おせち」は漢字で書くと「御節」です。

3月3日の「雛祭り」を「桃の節句」、5月5日の「子供の日」を「端午の節句」と言ったりしますね。
中国の陰陽五行説がベースになっていて、年に5回、節句があります。

各「節句」に食べる料理のことを「御節供(おせちく、おせっく)」と呼んでいましたが、いつの間にかお正月だけが「御節」と呼ばれるようになりました。

お雑煮(おぞうに)

お雑煮の原型は烹雑(ほうぞう)だといわれています。

「烹」は「煮る」という意味です。
「割烹」の「烹」ですね。
和食屋さんのことを「割烹」といったりしますが、食材を「割」って(細切れにして)「烹」ることに由来します。

神様へのお供え物を煮込んで食べたのが烹雑。
野菜や魚などお供え物は何でも入れたので「雑」の字が使われています。

元がごった煮で、定型のレシピがある料理ではありませんでした。
そのため全国でお雑煮の作り方はさまざま。
おすましだったり、みそ汁だったり、甘かったり、しょっぱかったり。

昔はお正月以外にも食べられていましたが、いつの間にか「お雑煮=お正月」が定番に。
地域によっては、今もお正月以外に結婚式などのお祝いの席で登場することがあります。

お屠蘇

1年の邪気を払い、長寿を願って飲まれるお正月のお酒。

日本酒に薬草などを浸して作ります。

おせちやお雑煮に比べるとマイナーな習慣。

1月7日、人日の節句

1月7日は人日(じんじつ)の節句、七草粥を食べる日です。

七草粥(ななくさがゆ)

以下の七つの食材をお粥に入れて食べます。
健康祈願。

  • せり
  • なずな
  • ごぎょう
  • はこべ
  • ほとけのざ
  • すずな
  • すずしろ

1月15日、鏡開き

お正月定番の飾り物である「鏡餅」、正月期間が明けるとお供えから降ろして食べます。

「割る」や「切る」だと縁起が悪いので「開く」と表現するようになりました。

鏡開きをいつ行うかは地域によって違い、1月11、1月15日、1月20日の3種類が主流のようです。

日が経ってカチカチになったお餅を、おしるこなどに入れて柔らかくして食べます。

2月3日、節分

2月3日は節分の日。

旧暦では「節分」は1年の最後の日、大晦日にあたります。
1年の邪気を払い、新年を迎えるために、豆まきなどを行います。

福豆

「鬼は外、福は内」という掛け声とともに煎った大豆を投げます。
魔を滅するという意味の「魔滅」と「豆」がかかっています。

また、年齢の数だけ豆を食べます。
古くからの習慣なので数え年をベースに。
数え年というのは、生まれた時に0歳ではなく1歳から数える年齢のカウント方法です。
ようするに年齢+1です。

恵方巻

恵方に向かって太巻きを食べます。
恵方は毎年方角が変わり、2020年は「西南西やや西」です。

恵方には歳徳神・年神様がいて、そちらの方角に向かってお願い事をすると縁起がいい。
初詣も、自宅から恵方の方角にある神社に参拝するとご利益が高い。

24方位

24方位

2020年の恵方は「庚(かのえ)」
上図の一番外側、24方位システムの左下のあたりに「庚」があります。

24方位はあまり一般的ではないので、コンビニの恵方巻などには「今年の恵方は西南西」のように16方位で書いてあります。
しかし、「西南西」だと「庚(かのえ)」と「申(きのえ、さる)」の中間の方角になってしまいます。

4方位: 東西南北
8方位: 4方位 + 北東・南東・南西・北西
16方位: 8方位 + 北北東・東北東・東南東・南南東、南南西、西南西、西北西、北北西

恵方は24方位システムなので、16方位システムだと「西南西やや西」のような表現になります。

恵方巻の食べ方

  1. 太巻きを1人1本用意する
  2. 恵方を向く
    2020年の恵方は庚(西南西やや西)
  3. 太巻きにそのままかぶりつく
    縁が切れる、福が途切れるので包丁で切り分けてはいけません。
  4. 無言で食べ切る
    声を出すと福が逃げるといわれています。

鰯(いわし)

節分には鰯を食べたり、鰯を玄関に飾ったりします。
主に関西で普及している習慣。

鰯の頭だけを柊の枝に指して飾ったり、飾らずに普通に鰯の塩焼きを食べたり。

鰯の匂いで鬼をおびき寄せて柊のとげで鬼の目を突き刺す、鰯を焼くときの煙で鬼を燻して追い払う、などなど理由については諸説あり。

こちらは商業的に流行らせたものではないので、統一ルールのようなものはなく、土着の習慣がそのまま残っている感じ。

2月14日、バレンタインデー

日本の伝統文化といっていいのかは微妙な所だが、完全に定着しているイベントなので紹介。

この日は異性にチョコレートを送ります。

バレンタインの起源

バレンタインデーの起源はローマ帝国時代にさかのぼります。

その頃は戦争中で、兵士の結婚が禁止されていました。
不憫に思ったヴァレンタイン司祭は、軍には内緒で結婚式をあげさせていました。

しかし、これが発覚し、ヴァレンタインさんは処刑されてしまいます。
その処刑日が2月14日だったといわれています。

また、当時の2月14日はユーノーの祝日でした。
ユーノー(Juno)とは結婚や出産を司る女神です。

6月に結婚することをジューンブライド(June bride)というのはみなさんご存知でしょう。
6月を意味するJuneは、結婚の女神Junoに由来します。
そのため、6月に結婚すると幸せになれると言い伝えられています。

結婚の女神ユーノーの祝日である2月14日に処刑されたバレンタイン司祭。
これが語り継がれて、2月14日は「恋人たちが愛を誓いあう日」となりました。

日本のバレンタイン

モロゾフバレンタイン広告

モロゾフバレンタイン広告

昭和11年(1936年)2月12日、神戸のモロゾフ製菓が日本式バレンタインの発祥だといわれています。
モロゾフは外国人向け英字新聞「ザ・ジャパン・アドバタイザー」に
「For Your VALENTINE Make A Present of Morosoff’s FANCY BOX CHOCOLATES」
(あなたのバレンタインにモロゾフのチョコレートを)
という広告を掲載しました。

英字新聞に広告を掲載していることからも分かるように、この時はまだ日本にはバレンタインデーの文化はありませんでした。
また、この広告の効果ですぐに日本に定着したというわけでもありませんでした。

この後、他のチョコレートメーカーや百貨店などが真似をしてキャンペーンを行い、30年ほどかけて日本に定着することになります。

ちなみに海外では、チョコレートに限らず、クッキーを送ったり花束を送ったり、プレゼントの内容は自由。
また、「女性から男性へ告白をする日」という概念も日本だけのようです。

3月3日、桃の節句(雛祭り)

雛あられ、菱餅、甘酒などを食します。

3月14日、ホワイトデー

2月14日のバレンタインデーにチョコレートをもらったら、1か月後の3月14日に男性から女性にお返しをします。

昔はマシュマロが定番でしたが、最近ではそうでもありません。
好きなものを送りましょう。

5月5日、端午の節句(こどもの日)

柏餅、ちまきを食べます。

菖蒲湯(しょうぶゆ)に入ります。

6月21日、夏至

夏至は1年で最も日照時間が長い日。
年によって日付は微妙にずれます。

日本全国共通で、これといった食べ物は存在しません。

地域によって、小麦を使ったやきもちを食べたり、タコを食べたり。

7月7日、七夕

七夕(たなばた)には素麺(そうめん)を食べます。

七夕=素麺はあんまり有名じゃないですけどね。

素麺を食べると裁縫が上手になるといわれています。

7月21日、土用の丑の日

毎年日付は微妙にずれます。

丑の日には「う」のつくものを食べると縁起がいいとされ、うどん・うめぼしなどが食べられていました。
土用の丑の日にうなぎを食べる習慣は、江戸時代に平賀源内がはやらせたといわれています。

うなぎの本来の旬は秋から冬。
夏場はうなぎ屋の売り上げが落ちるため、「丑の日=うなぎ」というキャンペーンで商業的に流行させたのが定着しました。

9月9日、重陽の節句(菊の節句)

重陽の節句には栗ご飯を食べます。

9は0~9の中で最も大きい数字。

昔は奇数(1,3,5,7,9)を陽数、偶数(0,2,4,6,8)を陰数と呼んでいました。
また、陽数は縁起が良く、陰数は縁起が悪いと考えていました。

そのため、1桁の数字で最大の陽数である9が月と日の両方で重なる「9月9日」はおめでたい日だとされていました。

おめでたい日なのでもちろんごちそうを食べます。

この時期に旬を迎える栗。
これを栗ご飯にして食べました。

また、日本酒に菊の花を浮かせた菊酒も楽しみました。
菊は不老長寿の霊薬といわれていて、菊酒を飲んで健康祈願と長寿祈願を行いました。

9月22日、秋分の日

秋分の日は昼と夜の長さが同じ。
日付は毎年異なります。

この日はおはぎを食べます。

この時期は「お彼岸」といって、ご先祖様のお墓参りをする時期。

また、小豆の収穫時期とも重なります。
とれたての小豆でおはぎを作りお供えした後に食べていました。

「おはぎ」の名前は、秋の花である「萩」に由来します。

10月1日、十五夜

十五夜は旧暦9月の満月の夜。
毎年日付は微妙にずれます。

この日はお月見団子を食べます。

12月21日、冬至

冬至は1年で最も日照時間が短い日。
年によって日付は微妙にずれます。

冬至の日にはかぼちゃを食べます。

そして、食べ物ではないですが、柚子湯につかります。

12月24日、クリスマスイブ

クリスマス、本家ではターキー(七面鳥)を食べます。

日本では七面鳥は一般的ではないので、代用としてチキンを食べる習慣が定着しています。
この日だけはケンタッキーが大混雑、予約なしだとまず手に入りません。

そして、クリスマスケーキもクリスマスの定番ですね。

12月31日、大晦日

大晦日には年越しそばを食べます。

地域によっては年越しうどんを食べることも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました