Googleで自分の記事を検索する方法

この記事は約7分で読めます。

Googleで自分の記事を検索する

Googleで自分の記事を検索したいときがあります。

たとえば、新しい記事を書いたり、古い記事を書きなおしたときに、Googleにインデックスされているかどうかを確かめるようなときです。

インデックス登録をリクエストする方法については下記の記事を参照。

Google Search Console、インデックス登録をリクエストする方法
Googleにインデックスしてもらおう ブログのアクセス数を伸ばすには、Google検索からの流入は大切です。 Googleの検索結果に自分のサイトが表示されるためには、Googleにあなたのサイトをインデックス(登録)してもらう必...

Googleで自分の記事を検索する方法(その①)、タイトル

Google Search Consoleへの登録方法
ブログのアクセスを伸ばすには、Googleにインデックスされるのが大事 ブログを始めたばかりの頃は、Twitterだったり、ブログ村・ブログランキングなどのランキングサイトであったり、自分で記事の宣伝をするとちらほらと読者がやってくるよう...

上記の記事をGoogle検索で見つけてみましょう。

記事のタイトルは
「Google Search Consoleへの登録方法」
です。

検索欄にタイトルを入力

Googleの検索欄に
「Google Search Consoleへの登録方法」
のようにタイトルをそのまま入力しても、思ったような結果は得られない場合があります。

Google検索、タイトル

Google検索、タイトル

検索結果には、以下のような記事がひっかかりました。

  • 「Google Search Consoleの設定・登録方法、主要機能の紹介…」
  • 「サーチコンソールの登録方法と初心者でも分かる使い方【2019年版】」
  • 「Google Search Console 登録方法|ホームページ作成「グーペ…」

検索したかった
「Google Search Consoleへの登録方法」
というタイトルの自サイトのページが出てきません。

なぜなのか?

それは、Googleの検索窓に「Google Search Consoleへの登録方法」のように入力すると、

  • 「Google」
  • 「Search」
  • 「Console」
  • 「登録」
  • 「方法」

のように単語単位で分解してGoogleに解釈されてしまうためです。

検索結果をよく見ると、「Google」や「方法」の部分が太字で強調されているのが分かります。
これは、「Google Search Consoleへの登録方法」というキーワードではなく、「Google」や「方法」がキーワードとして認識されている証拠です。

また、検索結果は2,020,000件もあるようです。
これだけ候補があると、自分のサイトが検索結果の上位に表示されることはなかなかないので、目的のページをGoogle検索結果から確認するのは難しいです。

検索欄にタイトル+ダブルクォーテーションを入力

今度は、Googleの検索欄に
「Google Search Consoleへの登録方法」ではなく、
Google Search Consoleへの登録方法」と入力します。

タイトルの前後に、半角のダブルクォーテーションを付け足したものです。

Google検索、タイトル+ダブルクォーテーション

Google検索、タイトル+ダブルクォーテーション

すると、探していた自分のサイトのページ
「Google Search Consoleへの登録方法」
という記事が上から2番目に表示されました。

~~~のように、フレーズの前後をダブルクォーテーションで囲むと、「完全一致」といって囲んだ部分を1つの単語として認識してくれます。

「Google」「Search」「Console」「登録」「方法」のように分割されずに、
「Google Search Consoleへの登録方法」というフレーズが一字一句違うことなく、ぴったり含まれるページだけが検索結果に表示されます。

検索結果の件数も1,910件となっており、ダブルクォーテーションなしのときに比べて圧倒的に絞り込みができています。

調べたいフレーズを””で囲む技は、大変便利なので覚えておきましょう。

Googleで自分の記事を検索する方法(その②)、スラッグ

Google Search Consoleへの登録方法
ブログのアクセスを伸ばすには、Googleにインデックスされるのが大事 ブログを始めたばかりの頃は、Twitterだったり、ブログ村・ブログランキングなどのランキングサイトであったり、自分で記事の宣伝をするとちらほらと読者がやってくるよう...

上記の記事をGoogle検索で見つけてみましょう。
先ほどと同じ記事です。

記事のURLは
「https://u-ff.com/google-search-console-tourokuhouhou/」
です。

検索欄にスラッグを入力

「https://u-ff.com/google-search-console-tourokuhouhou/」というURLの
google-search-console-tourokuhouhou」の部分をスラッグといいます。

スラッグとは、URLの中の記事ごとに固有の部分です。

Google検索、スラッグ

Google検索、スラッグ

Googleの検索窓にスラッグの
「google-search-console-tourokuhouhou」
を入力してみましたが、目的の記事は上位に表示されませんでした。

検索には1,510,000件もヒットしています。

検索欄にスラッグ+ダブルクォーテーションを入力

Googleの検索窓に
「google-search-console-tourokuhouhou」ではなく、
google-search-console-tourokuhouhou」と入力してみます。

Google検索、スラッグ+ダブルクォーテーション

Google検索、スラッグ+ダブルクォーテーション

検索結果にヒットしたのは1件だけ、探していた自分のページそのものずばりが検索結果の1位に表示されました。

Googleで自分の記事を検索する方法(その③)、サイト指定

””(ダブルクォーテーション)でキーワードを囲むと、自分のサイトを見つけやすくなります。

しかし、それでもよそ様のサイトが引っかかってしまい、自分のサイトの目的の記事がGoogle検索で見つけられないときがあります。

そんなときは、「サイト指定」を使います。

Googleの検索窓に
「”Google Search Consoleへの登録方法” site:u-ff.com」
のように入力します。

Google検索、サイト指定

Google検索、サイト指定

検索結果が、u-ff.comの記事だけで埋め尽くされているのが分るでしょうか?

Googleの検索欄に「site:u-ff.com」と入力したので、「u-ff.com」というサイトの記事だけが検索にヒットしたわけです。

つまり、「site:~~~」のようにサイトを指定すれば、そのサイト内の記事だけを調べることができます。

キーワードとの併用もできるので、特定の1記事を探すだけではなく、こんな使い方もできます。

  • 「SEO site:u-ff.com」のように検索して、特定のサイトのSEO系の記事だけを検索
  • 「コロナ site:u-ff.com」のように検索して、特定のサイトのコロナ系の記事だけを検索

まとめ

Google検索で、キーワードやスラッグを””で囲むと、完全一致検索。
フレーズにぴったり一致するものだけが検索結果に並びまず。

また、Google検索で、「site:~~~」のように入力すると、特定のサイトだけを検索対象として指定できます。

  • 「”記事のタイトル” site:~~~」
  • 「”記事のスラッグ” site:~~~」

上記のようなスタイルで検索することで、目的の記事がGoogleにインデックスされているか調べられます。
また、タイトルの末尾が…(文字数オーバー)になっていないかなどを確認するときにも使えます。

目的の記事がヒットしない場合は、その記事はGoogleにインデックスされていません。
Google Search Consoleからインデックス登録をリクエストした方がいいでしょう。

Google Search Console、インデックス登録をリクエストする方法
Googleにインデックスしてもらおう ブログのアクセス数を伸ばすには、Google検索からの流入は大切です。 Googleの検索結果に自分のサイトが表示されるためには、Googleにあなたのサイトをインデックス(登録)してもらう必...
Google Search Console(Googleサーチコンソール)
「Google Search Console(Googleサーチコンソール)」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました