スキルアップナビ

なめたネジを輪ゴムで回す

この記事は約1分で読めます。

なめたネジを輪ゴムで回す方法

ねじの頭(ねじ山)の溝がつぶれてしまって、ドライバーが空回りするときの対処方法。

ねじとドライバーの間に、幅が太めの輪ゴムを挟んでドライバーを回すとねじが回転します。
弾力のあるゴムが溝に入り込むので、正しく力が伝わるようになるんですね。

このタイプのゴムを手に入れたら、もしもに備えて捨てずに取っておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました